スクリーンショット

説明

ゼロから徹底的にデザインされたアプリで斬新な写真の閲覧と整理の方法が可能に。アプリケーションの応答性を確保するために、高度なオペレーティングシステムの機能が使用されます。それは Multi-threading、Grand Central Dispatch と Core Image グラフィックスエンジンを使用しています。

主要な機能

1. システム上にある写真ならどれでもダブルクリックするだけで、フォルダーとサブフォルダー内の全ての写真をすばやく閲覧。

2. 快速なカメラのRAWデータのプレビューエンジン。

3. 写真やビデオを即座に回転、ミラーリング、反転することができます。

4. TrackpadやMagic Mouseのサポートで快適なスワイプでの写真閲覧モード(iPhoneやiPadで写真を見るのと同じ感覚で)。

5. カメラの内部シリアル値やシャッターの回数といった情報を知ることのできる強化されたEXIFインスペクタ (対応カメラに限る)。

6. 写真切り替え時のGPUによって加速される12種類のエフェクトなどを備えたユーザーが調整できるオプション付きのパワフルなスライドショー機能。フルスクリーンでもウィンドウでも鑑賞が可能。

7. JPEGやRAWや動画ファイルに埋め込まれたGPSの座標を利用するパワフルな位置取得機能。ApolloOneはジオコードを反転させて実際にどの住所で写真や動画が撮られたのかをその住所の地図とともに見つけます。

8. カメラのAFポイント/検出された顔を表示したり、フォーカスを確認するためにそれらを拡大することができます(サポートされているカメラで)。

9. コピー/移動/削除操作のためのタグファイル。あなたはすぐにキーボードのショートカットキー(alt-1 - alt-7)を使用してファイルにタグを付けることができます

10. ファイルフィルタリング。2レベルのソート・キーを使用してソートします。

11. FacebookやTwitter、AirDrop経由して写真を共有。

12. ユーザーがカスタマイズ可能なツールバー。

13. 頻繁に使用する機能にすばやくアクセスするためのコンテキストメニュー。あなたは外部エディタに写真やカメラのRAWファイルを送信することができます。

14. 位置情報やユーザーが選択可能なEXIFの情報などを取得する、写真のSpotlightでのインデックス化。

15. 4Kビデオを含むJPEGでの正確なビデオフレームキャプチャ。

写真がインデックス化されると、「New York」や「f/1.4」といったテキストをタイプするだけでFinder内で写真の検索ができるようになり、FinderがNew Yorkで撮られた写真や、aperture f/1.4で撮られた写真を見つけ出してくれます。Finderの検索結果をドラッグとドロップをすればメインのウィンドウで閲覧ができます。全てのインデックス化はバックグラウンドで行われます。写真を閲覧しながらバックグラウンドでのインデックス化が行えます。

その他の機能

- ピクセルパーフェクトフォト スケーリングエンジン。

- 高速な写真閲覧のための高度なファイルキャッシング。

- ステータスバーを見ただけでわかるEXIFの情報表示。

- リストの写真を閲覧している間のズーム率とパン位置の固定。

- メインのウィンドウへのさまざまなファイルやフォルダがドラッグアンドドロップが可能。

- TrackpadやMagic Mouseのフルサポート (スワイプ、ズームピンチ、パン、回転) (2)。

- サポートRetinaディスプレイ。

- ProPhoto RGBなどの色空間をサポートします。

- RAWファイルとJPEGファイルを一緒に削除したり、RAWファイルだけを削除してJPEGファイルを残すことが可能。ファイルは元に戻す機能でゴミ箱から回復が可能 (3)。

- 自動の表示と隠す機能付きのサムネイルのプレビューフィルムストリップ。フィルムストリップはウィンドウの上部にも下部にも設置可能。

- ほとんどのデジタルカメラで撮られたビデオでのプレイバックが可能 (4)。ビデオのプレイバック中にTrackpadでビデオのパンとズームができます。

- 35mmフィルムへの焦点距離の変換。このアプリは6000以上カメラからサポートしています。

システム要件:

macOS 10.9(Mavericks) ~ 10.13 (High Sierra)。

注意:
1. ウィンドウスライドショーは、macOS 10.10(Yosemite)ではサポートされていません。
2. ズームピンチ、Trackpadを搭載したMacでのみ使用可能です。
3. ユーザースクリプトは、ゴミ箱回復の機能を有効にするために環境設定パネルからインストールする必要があります。
4. AVCHDビデオコーデック(.mtsファイル)は、macOS 10.11 (El Capitan) / 10.12 (Sierra) / 10.13 (High Sierra) でサポートされています。

新機能

バージョン 2.1.2

新機能:

v2.1.2:
- macOS Mojaveサポートを追加しました。
- ExifToolを11.11バージョンにアップデート。
- パフォーマンスの改善とバグ修正。

v2.1.1:
- MediaInfoライブラリを18.08.1バージョンにアップデート。
- パフォーマンスの改善とバグ修正。

v2.1.0:
- Adobe PSDファイルの表示をサポートします。
- ExifToolを11.10バージョンにアップデート。
- パフォーマンスの改善とバグ修正。

このアプリを試してください。そして、写真をより快適に楽しんでください!

ApolloOneを気に入って頂けましたか? 皆様からのレビューをお待ちしています!
私たちは一つ一つのコメントやレビューに目を通し、
皆様からのご意見・ご提案をApolloOneの改良に反映させます。

お問い合わせは、support@anogeissus.com までお願い致します。
App Storeでのレビューに対する返信は致しかねますので、ご了承ください。
故障等何かございましたら、メールでご連絡ください。

評価とレビュー

3.2/5
5件の評価
5件の評価

Good

たかさんです

これは本当に良い。
使い勝手が良い。ユーザーがビューアに求めるものをよくわかって開発されている。
・サブフォルダ内も表示
・画像拡大も綺麗表示
・そこそこ素早く動作
・閉じるとその時のウインドウの状態(全画面、サイズ、位置)も記憶してくれる
こう書くと、何となく当たり前のようだが、
こういったことを全て満たすソフトがMACでは中々見当たらなかった。
以前あったものはOSバージョンアップで使用できなくなったり
フリーで良いものもあるが、画像の綺麗な拡大ができなかったりと・・・

色々苦労したが、良いものに出会えた。
欲をいえば、
キャッシュがたまる前の初回表示で、フォルダ内表示がもっと早くなると嬉しい。
内部課金のフル機能版も1200円と非常に廉価。
良い作者さんです。

Saikou

Xhinxhin35senchi

best viewer on macos for today. it have everyhing we need.
and developer best guy that listen users and add nice features, when another just ignore like they do it only for themselfs.
i recomend it.

Picasaの代替としては、まあまあ使えるかも

Payayayaya11111

欲しい機能の基本があります。そこそこ高速な表示、写真だけでなく、動画も同時に扱えます。ただ、フォルダ一覧がフォルダ名でソートされないので、並びがめちゃくちゃ。あと一歩ですが、今後に期待しています。究極といわれると違うと思いますが、写真/動画ビューワーとしては良いのではないかと思います。

情報

販売元
Anogeissus Limited
サイズ
15MB
カテゴリ
写真
互換性
OS X 10.9 以降、64ビットプロセッサ
言語
日本語、イタリア語、オランダ語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2015-2018 Anogeissus Ltd.
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。