スクリーンショット

説明

「Apple Remote Desktop」は、ネットワーク上の Mac コンピュータを管理する最善の方法です。ソフトウェアの配布、エンドユーザへのリアルタイムなオンラインヘルプの提供、詳細なソフトウェアおよびハードウェアレポートの作成、日常的な管理タスクの自動化—これらすべてをお使いの Mac から行えます。

ソフトウェアの配布
-ソフトウェアをコピーしてリモート Mac システムに簡単にインストールできます。
-パッケージやファイルのコピー時にネットワークデータを暗号化します。
-タスクサーバを構成して、オフラインコンピュータへのパッケージインストールを簡素化できます。

リモートアシスタント
-お使いの Mac コンピュータを監視および制御します。
-Mac コンピュータ間でドラッグ&ドロップでファイルを転送できます。
-任意の 2 台のコンピュータ間で情報をコピー&ペーストできます。
-管理者が制御中のシステムではエンドユーザによる画面表示を禁止するカーテンモードがあります。
-Windows、Linux、UNIX システムを含む、Virtual Network Computing(VNC)対応のコンピュータを制御します。

リモート管理
-リモート Mac システム上で 10 以上のコマンドを安全に実行します。
-Mac システムの画面ロック、スリープ、スリープ解除、再起動、システム終了をリモートで実行します。
-クライアントシステム上で UNIX のシェルスクリプトやコマンドを実行します。

資産管理およびレポート
-Remote Spotlight 検索で超高速検索を実行します。
-200 を超える Mac のハードウェア属性のレポートを収集します。
-ユーザログインとアプリケーション使用状況のレポートを表示できます。
-タスクサーバを使用して、ネットワークに接続されていないモバイルシステムをも含めた資産レポートを生成できます。

自動化
-OS X の「Automator」を使用して日常の管理タスクを自動化できます。
-40 以上のアクションをすぐに開始できます。
-アクションをチェーンにして強力なシステム管理ワークフローを作成できます。
-アクションをほかのアプリケーションのアクションと組み合わせて、エンド・ツー・エンドのソリューションを作成できます。
-ワークフローをプラグインとして保存すれば、「Apple Remote Desktop」の機能をシンプルでカスタマイズされたインターフェイスから利用できます。

新機能

バージョン 3.9

この Apple Remote Desktop 3.9 アップデートでは、操作性、互換性、信頼性が改善されており、すべてのユーザにお勧めです。 

このアップデートでは次の機能が提供されます:

• コンピュータおよびユーザの資格情報の暗号化されたリストを書き出したり復元したりできます
• 管理者がアシスタントカーソルを使ってリモート画面上の項目に注意を引くことができます
• MacBook Pro (2016) コンピュータ向けに Touch Bar のサポートが追加されます
• OS X Yosemite 10.10.5 以降のクライアントと通信する際のセキュリティが強化されます
• OS X Mountain Lion 10.8、OS X Mavericks 10.9 または OS X Yosemite 10.10.4 以前のすべてのバージョンのクライアントと通信するためのオプションの互換モードが追加されます

評価とレビュー

wheelmasa

3.9にアップデートしてエラーで接続できない

「認証を実行できませんでした」となり、接続が全くできなくなりました。
クライアントの不具合の可能性もありますが、ペアで動きますので迅速な修正対応お願いします。
出来ないなら、以前のバージョンでも動くようにしてください。

あほたべ

3.9バグ多い

3.9以前のバージョンに関しては概ね満足しています。3.9にアップグレードしてからリモート接続先の操作でMagic Mouseのスクロールが効かなくなったり、PrivateKeyStore-501エラーダイアログが消えなかったりします。バグフィクスが終わるまで見送ってもいいかもしれません。

mentalposition

ミスって1クリックで購入した…笑

1クリック購入有効にしてたら、ミスって購入したアプリです。

というのは冗談ではなく、本当のはなしですが、元々、むかしのRemote Desktopを使っていたし、Macでサーバーも動かしているし、他のマシンもあるから…、と自分に良いきかせつつ、使い込んでいきたいとおもっています。

ざっと触ったところ、過去の(おそらく6〜7年以上前?)のRemote Desktopに比べればインターフェースに仰々しさはなくなりましたが、軽快に動作し、操作もわかりやすくなり、いい感じです。

パッケージ管理(なんてするかわからないけど)や、UNIXコマンドの送信(いちいちsshしないで送信できるのかな?)なんかは、標準の画面共有ではできないので、いいかなと思います。

正直、リモートの画面操作だけならば、標準の画面共有だけで事足りるので、Macでサーバー運用や、複数台のヘッドレスマシン、あるいは、作業マシンがある方以外には不要です。

情報

販売元
iTunes K.K.
サイズ
13.4MB
カテゴリ
ユーティリティ
互換性
OS X 10.10.5 以降
言語
日本語、イタリア語、オランダ語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 1994-2017 Apple Inc.
価格
¥9,800

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp