Mac App Store

Mac App Store は Mac で使える App の検索とダウンロードが簡単にできる場所です。

Mac App Store から Final Cut Pro をダウンロードするには、OS X 10.6.6 以降を搭載した Mac が必要です。 さらに詳しく。

Final Cut Pro

デベロッパ:Apple

Essentials

App を購入、ダウンロードするには Mac App Store を開いてください。

説明

生まれ変わったFinal Cut Proは、革新的なビデオ編集環境とパワフルなメディア整理機能を提供し、驚きのパフォーマンスを実現。あなたのアイデアをすばやく形にします。

革新的なビデオ編集
• マグネティックタイムライン2で、従来のトラックよりも柔軟性の高い色付きレーンを使って効率的に作業
• 改良されたタイムラインインデックスでオーディオロールをドラッグ&ドロップしてタイムラインのレイアウトを変更
• クリップ接続を使ってBロール、サウンドエフェクト、音楽をタイムラインに追加
• 複数のクリップを複合クリップにまとめてプロジェクトを整理
• オーディション機能を使って、タイムライン内の一か所でさまざまなショット、グラフィックス、エフェクトを切り替え表示
• マルチカムプロジェクトで、オーディオ波形に基づく自動同期と最大64のカメラアングルをサポート

パワフルなメディア整理機能
• 作品をライブラリに整理して、メディア管理や共同作業を効率的に
• コンテンツ自動解析機能がカメラのメタデータをキャプチャ、バックグラウンドでショットを解析
• 独自のキーワードを作成し、クリップの範囲選択時にそれらのキーワードや「よく使う項目」をすばやく適用
• スマートコレクションでコンテンツを動的に整理して、必要なショットを数クリックですばやく発見

驚きのパフォーマンス
• お使いのMacのすべてのGPUを活用して、よりすぐれたリアルタイム再生パフォーマンスとバックグラウンドでの高速レンダリングを実現
• 64ビットアーキテクチャがシステム内のすべてのRAMを活用し、より大きなプロジェクトとさらに表現豊かなエフェクトに対応
• 作業の妨げにならないバックグラウンド処理
ProRes、RED、XAVC、AVCHD、デジタル一眼レフカメラのH.264など、幅広い形式をネイティブで編集

カスタマイズできる迫力満点のエフェクト
• 簡単にカスタマイズできる美しい2Dおよび3Dアニメーションタイトル
• 直感的なコントロールを使ってタイトル、トランジション、エフェクトの外観を変更
• 幅広い他社製FxPlugプラグインをカスタムインターフェイスで活用

一体化されたオーディオ編集機能
• 読み込み時にロール(ダイアログ、ミュージック、エフェクト、カスタムロール)を割り当てて、プロジェクトを簡単に管理および整理
• マルチチャンネルのオーディオファイルをタイムラインで展開して直接編集
• オーディオの問題(ハムノイズ、過度な背景ノイズなど)を自動的に修正
• オーディオ波形のインスタントマッチ機能を使って、デジタル一眼レフカメラのビデオと独立したオーディオをワンステップで同期

直感的なカラーグレーディング
• 標準の色空間またはWide Rec. 2020の色空間でビデオを読み込み、編集、配信
• バランスカラー機能を使ってクリップの外観をワンクリックで補正
• カラーボードを使ってカラー、彩度、露出をコントロール
• キーイングとマスクを使って特定の色または画面の特定領域を微調整

最適な出力をワンステップで
• プロジェクトをAppleデバイスでの再生用にすばやく書き出し、またはVimeo、YouTube、FacebookなどのWebサイトに簡単アップロード
• テーマ別のメニューを使ってDVDディスクやBlu-rayディスクを作成
• ロールメタデータを使ってオーディオステムや複数バージョンの最終ビデオを書き出し
• XMLの読み込み/書き出しにより、他社製アプリケーションでカラーグレーディングやサウンドミキシングなどの作業を実行

システム要件:OS X v10.11.4以降、4GBのRAM(4K編集と3Dタイトルには8GBを推奨)、OpenCL対応グラフィックカードまたはIntel HD Graphics 3000以降、256MBのVRAM(4K編集と3Dタイトルには1GBを推奨)、4.15GBの空きディスク領域

一部の機能にはインターネット接続が必要です。接続料金が発生する場合があります。Blu-rayディスクの作成には、Blu-rayレコーダーが必要です。

バージョン 10.3.2 の新機能

• オーディオファイルのカスタムフォルダをサウンド・エフェクト・ブラウザに追加できます
• オーディオのみのクリップでリップル削除を使っても、選択範囲が無効にならなくなります
• 再起動後もオーディオメーターのカスタム幅が保持されます
• 非常に長いプロジェクトの編集時のレスポンスが改善されます
• H.264ファイル書き出し時およびフレームレート変更時のパフォーマンスが改善されます
• Compressorを使ってProRes 4444ファイルを透明度付きで書き出すときに、正しいアルファチャンネルが作成されます
• 複数行タイトルの行間に対する調整が最初の行のみに適用される問題が解決されます
• ロールが混在する第2のストーリーラインがタイムライン内で重なる問題が解決されます
• Apple USB SuperDrive経由でFinal Cut ProプロジェクトからDVDを作成できない問題が解決されます

バージョン10.3で導入された機能
新しいインターフェイス
• 新しいダークインターフェイスでビデオに集中
• 整理やカラーグレーディングなどの作業ごとにウインドウレイアウトをカスタムワークスペースとして保存
• セカンドディスプレイでタイムラインの全画面表示/非表示を切り替え
• インスペクタを画面いっぱいの高さで表示

マグネティックタイムライン2
• クリップをロール(ダイアログ、ミュージック、エフェクト)ごとに色分けして、プロジェクト全体を一目で把握
• ロールの作成、割り当て、色の設定により、オーディオクリップとビデオクリップのタイプを簡単に識別
• 改良されたタイムラインインデックスでオーディオロールをドラッグ&ドロップしてタイムラインのレイアウトを変更
• タイムラインインデックスの“焦点”ボタンを使って、特定のオーディオロールだけを表示し、ほかのクリップを非表示
• タイムラインインデックスの“オーディオレーンを表示”ボタンを使って、タイムラインでクリップをオーディオロール別に表示
• 複合クリップ内のロール全体にオーディオエフェクトや音量変更キーフレームを追加
• iXMLサポートにより、オーディオ・フィールド・レコーダーで設定されたメタデータに基づいてロールを自動的に作成および割り当て
• Final Cut Proライブラリごとに独自のロールセットを作成および管理

色域の拡大
• 対応しているMacや外部ディスプレイでイメージを広色域で表示
• 標準のRec. 601およびRec. 709またはWide Rec. 2020の色空間でビデオを読み込み、編集、配信
• ライブラリとプロジェクトの両方で色空間を設定
• ARRI、Blackmagic Design、Canon、Panasonic、およびSony社製カメラのLog素材や、RED RAW素材を、広い色域を維持しながらリアルタイムで操作
• ビューアのレンジチェックオーバーレイを使って、標準のRGB範囲を超えている領域を強調表示
• ビデオスコープで広色域をリアルタイムで表示

MacBook ProでTouch Barをサポート
• タップして、音量コントロール、フェードイン/フェードアウト、メディアの読み込みなどの基本機能を実行
• “クリップ接続を上書き”、“トリム開始”、および“トリム終了”などの詳細編集コマンドに簡単にアクセス
• タイムライン概要でプロジェクト全体を一目で確認、タッチで移動可能

ビデオ形式のサポート拡大
• MXFでラッピングされたApple ProResを使って、放送配信に適した柔軟性の高い形式で書き出し
• MXFマスターファイルの書き出しで、オーディオロールを使って業界標準のチャンネルレイアウトを構成
• Canon Log2/Cinema GamutとPanasonic V-Logをサポート
• Sony PXW-FS7およびPXW-X70カメラのSony XAVC-L 4Kをサポート
• Panasonic AVC-Intra LTの再生をサポート
• AVC-Intraファイルを書き出し

追加機能
• フロートランジションによってジャンプカットをシームレスに結合し、インタビュー撮影での考える間や言い直し部分などを除去
• “エフェクトを削除”コマンドと“パラメータを削除”コマンドを使って、クリップから特定のエフェクトを削除
• SMB 3ネットワークサポートにより、ネットワーク接続ストレージデバイス上のライブラリにアクセス
• タイムコードエフェクトを使って、ビューアと書き出しファイルでクリップ名とソースクリップのタイムコードを表示
• タイムコードをコピー&ペーストして、テキスト書類への数値入力を効率化
• カスタムMotionプロジェクトを個々のFinal Cut Proライブラリに統合
• ブラウザのオプションでクリップを連続再生
• ブラウザとタイムラインでカスタムメタデータを検索
• タイムラインインデックスでオーディション、複合クリップ、マルチカムクリップ、同期クリップを検索
• アンカー付きの隣接クリップでトリムをロール編集
• メディアブラウザとコンテンツブラウザが大きくなり、フォトライブラリ、サウンドエフェクト、ミュージック、タイトル、ジェネレータの表示領域が拡大
• ミュージックとサウンドエフェクトのブラウザで、オーディオファイルをスキミングして範囲選択
• Mini DisplayPortまたはHDMIケーブルを使って、外部ディスプレイに標準解像度で直接AV出力します。
• XML 1.6により、マグネティックタイムライン2でのロールベースのオーディオコンポーネントをサポート
• XMLサポートの拡大により、プロジェクトとクリップを既存のイベントに読み込み
• サポートされるアプリケーションにクリップ、プロジェクト、イベントをXML形式でドラッグ&ドロップ

スクリーンショット

スクリーンショット 1
スクリーンショット 2
スクリーンショット 3
スクリーンショット 4
スクリーンショット 5

カスタマーレビュー

もう数年前からお仕事で使用中 10.3.1

皆様書かれているように、旧バージョンとは別ソフトと考えてください。

10.3.1 久しぶりの更新
かなり前から普通に仕事でも使えるようになっています。
たまーにバグも出ますが、それほど致命的では無いです。

10.0での致命的なバグ.
・テキストボックスのサイズが変えられなくなる
・オートセーブされない場合がある(手動でセーブできない)
・良く突然死する

→10.0.1をダウンロードしました
・突然死→5分ぐらいフリーズへと、改善されましたw
・テキスト周りの記憶喪失は出にくくなったようです
・他のバグは治ってませんので、複雑なプロジェクトを動かそうとするといろいろ不具合が出てきます。

→10.0.2不安定
みなさん書かれているように突然死が復活しました
ですが、昔と比べると突然死の回数は減った気がします

→10.0.4まともに動く
決して安心はできませんが、やっと使えるようになりました。
記憶喪失は出なくなり、
このソフト由来の突然死は無くなった気がします

不便なところ
・使いづらい
・かゆいところに届く手がない

良いところ
・めちゃくちゃ速い

ズームインのショートカットキーの組み合わせが起動ごとに変わる

ズームインのショートカットキーは、cmdと+の組み合わせのはずがcmdと^の組み合わせで表示される。そして、cmdと^を押しても何も起こらず、この時にcmdと+を押すと強制終了することが度々起こる。

ゴミ

バグる、落ちる、フリーソフトの方がマシ
こんなんで金とるな

Final Cut Pro
Mac App Store で表示
  • ¥34,800
  • カテゴリ: ビデオ
  • 更新:
  • バージョン: 10.3.2
  • サイズ : 2.97 GB
  • 言語: 日本語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、簡体字中国語、英語
  • 販売元:

互換性: OS X 10.11.4 以降、64ビットプロセッサ

カスタマー評価

現在のバージョン:
すべてのバージョン: