Mac App Store

Mac App Store は Mac で使える App の検索とダウンロードが簡単にできる場所です。

Mac App Store から Motion をダウンロードするには、OS X 10.6.6 以降を搭載した Mac が必要です。 さらに詳しく。

Motion

デベロッパ:Apple

Essentials

App を購入、ダウンロードするには Mac App Store を開いてください。

説明

ビデオエディタのために設計されたMotion。映画のような2Dと3Dのタイトル、滑らかなトランジションやリアルなエフェクトを簡単に作成し、リアルタイムで確認できる強力なモーション・グラフィックス・ツールです。

2Dと3Dのタイトル
• 3Dタイトルを最初から作成、使いやすいテンプレートでデザイン、または既存の2Dタイトルをすばやく3Dに変換
• ドラッグ&ドロップできるビヘイビアと直観的なテキスト・アニメーション・ツールでアニメートできる美しいタイトルを簡単に作成
• 幅広いテキストスタイルから選択して、ワンクリックで驚きの効果を作成
• 金属、木、石のさまざまな表面など、Appleがデザインした90以上の3D素材を使って3Dタイトルをカスタマイズ。作成できる外観は無限
• ベクトルベースの文字の拡大/縮小、歪み、回転を本来のシャープネスで実行。Motionのモダンなエンジンにより、デザインをリアルタイムで確認
• タイプオンやブラーアウトなどの100以上のビヘイビアから選択して、テキストの表示/非表示をすばやくアニメート
• タイトルを保存してFinal Cut Proから直接アクセス

Final Cut Proのためのモーショングラフィックス
• Final Cut Proのタイトル、エフェクト、トランジションをMotionで開いてカスタマイズ
• Appleがデザインした1,900以上のロイヤルティフリーのエレメントを使って、目を見張るような2D、3Dコンポジションを作成
• 再生中にパラメータを調整して、すぐに結果を確認
• 個々のパラメータやリグを自由に組み合わせてスマートテンプレートを作成。これにより、Final Cut Proでシンプルなスライダ、ポップアップメニューやチェックボックスを使ってパラメータのグループを制御
• Motionの直観的なキーフレームツールを使って、アニメーションの全エレメントのタイミングと位置を正確に制御

息をのむようなエフェクト
• プログラミングせずに自然な動きを表現できる230種類以上のビヘイビア
• ポイント・トラッキングとマッチムーブ機能で、ビデオクリップ内のオブジェクトの動きを追跡
• キーイングフィルタを使い、ワンステップで正確なクロマキーを作成
• SmoothCam機能がカメラのジッターを除去し、イメージの手ぶれ補正が揺れを解消
• 独自のペイントブラシや3Dストロークを作成、または140のブラシプリセットから選択
• 独自のパーティクルエミッタをデザイン、または煙や火花などの現実世界のエフェクトを表現する200のプリセットから選択
• 円または矩形のマスクを選択、またはロトスコープのためにベジェやフリーハンドのマスクツールでコントロールポイントをすばやく描いて調整
• 高度なトラッキングや色補正などの作業用のカスタムインターフェイスで、他社製FxPlugプラグインの膨大なエコシステムを活用

3Dを手軽に
• 2Dプロジェクトに1台または複数のカメラを追加して、2Dを3D空間に変換
• カメラやライトの移動に合わせて動的にアニメートする、リアルなシャドウを設定
• カメラ・フレーミング・ビヘイビアの適用により、ドラッグ&ドロップするだけでオブジェクトまたはオブジェクトグループを追跡
• 3D空間内でのオブジェクトの移動中に、焦点を選択的に定義
• 3D空間内で、あらゆるシェイプ、ビデオプレーン、ペイントストロークを反射面に変換

画期的なスピード、クオリティ、出力
• GPU再生とレンダリングの速度が向上するようにGPUを最適化。Mac Proで優れたパフォーマンスを実現するデュアルGPUをサポート
• 広色域イメージを読み込み、対応するMacコンピュータで表示。その後、標準のRec. 709またはWide Rec. 2020の色空間に書き出し
• Final Cut Proのよりディープなマルチレイヤーエフェクトをサポートする、64ビットアーキテクチャ
• Apple製デバイスにプロジェクトを書き出し、Vimeo、YouTubeなどの一般的なWebサイトに直接公開
• 小さいファイルサイズで非圧縮画質を実現するProRes 4444ビデオを配信
• Compressorに送信して、カスタムエンコーディングの高度なオプションを選択

システム条件:OS X v10.11.4以降 、4GBのRAM(4K編集と3Dタイトルには8GBを推奨)、OpenCL対応グラフィックカードまたはIntel HD Graphics 3000以降、256MBのVRAM(4K編集と3Dタイトルには1GBを推奨)、4.8GBの空きディスク領域(アプリケーションに3.6GB、補足コンテンツに1.2GB)。 

一部の機能にはインターネットアクセスが必要です。料金が発生する場合があります。Blu-rayディスクの作成には、Blu-rayレコーダーが必要です。

バージョン 5.3.1 の新機能

• 複数のカメラビヘイビア使用時の安定性が改善されます
• H.264ファイル書き出し時およびフレームレート変更時のパフォーマンスが改善されます
• “タイムコード”テキストジェネレータ使用時の安定性の問題が改善されます
• 再生時にカーソルがマーカー上を動くときの安定性の問題が解決されます
• ナッジ・キーフレーム・ショートカット使用時の安定性の問題が解決されます

バージョン5.3で導入された機能
• 新しいダークインターフェイスでモーショングラフィックスに集中
• アイコンの配置変更によりMotionインターフェイスを効率化
• ポータブルMacコンピュータおよびデスクトップディスプレイに合わせてウインドウのレイアウトを最適化
• 対応しているMacや外部ディスプレイでイメージを広色域で表示
• 標準のRec. 709またはWide Gamut Rec. 2020の色空間でビデオを読み込み、編集、配信
• MacBook ProでTouch Barがサポートされ、カーニングやテキストカラーなどの主要属性を簡単に調整
• Touch Barのタイムライン概要でプロジェクト全体を一目で確認、タッチで移動可能
• 改善された“リンク”ビヘイビアで、幅や高さなどの属性をリンクしてアニメーションを自動的に駆動
• 新しい“揃える”ビヘイビアを使って、キーフレーミングなしで複数のオブジェクトを簡単に接続し、アニメート
• 環境の反射のコントロールが改善され、見る角度によってオブジェクトの外観を変化させる異方性によってリアルな3Dテキストレンダリングを実現
• 磨かれたメタルの表面が一層リアルになり、3Dテキストの外観が向上
• 3Dテキストの再生時と調整時のパフォーマンスが向上
• 新しい矢印カーソル形状
• イメージシーケンスの書き出し時に“ステッカー”形式をサポート
• “ステッカー”プロジェクトテンプレートを追加
• Live Photosをサポート
• “選択範囲を再生”コマンド

スクリーンショット

スクリーンショット 1
スクリーンショット 2
スクリーンショット 3
スクリーンショット 4
スクリーンショット 5

カスタマーレビュー

Final Cut&Motion

Final Cut Pro&Motion nessary for U tuber.
Easy control & Beautiful Graphics.
Let’s get please!

購入してみた

この手のソフトで6000円は安いので、思い切って購入しました。
初めての方は、独特の操作性とモーションの多さに驚かれるかと思います。当たり前ですが慣れないと厳しいです。
改善点としてあげられるのはUI周りかなと思いました。インスペクタとライブラリを同時に表示できたら便利なのに、と思っています。私はプレビューを中央に配置して使いたいので、左右にそれぞれ移動できたら良いなと思います。AfterEffectsはその点便利でした。
プレビューレンダリングに関しては、私の環境下ではAEより安定しています。(iMac 27' Late-2015, i7 4GHz, 24GB RAM, R9 M395 2GB, 2TB Fusion Drive)
私はFinal Cut Proなしで使っていますが、今の所それで十分です。Motionだけでもそこそこ高度な編集ができます。クロマキーや字幕等も充実しているので、十分買いなソフトです。

Motion
Mac App Store で表示
  • ¥6,000
  • カテゴリ: ビデオ
  • 更新:
  • バージョン: 5.3.1
  • サイズ : 2.31 GB
  • 言語: 日本語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、簡体字中国語、英語
  • 販売元:

互換性: OS X 10.11.4 以降、64ビットプロセッサ

カスタマー評価

このアプリケーションの現行バージョンの平均評価を出すための十分なデータがありません。
すべてのバージョン: