スクリーンショット

説明

Jaguar から Sierra への進化とともに、EazyDraw は macOS 上で使用できるベクトル描画プログラムの先駆けとして活躍してきました。EazyDraw では、オリジナルの Mac 描画プログラムが持つ革新的なエレガンスを失うことなく、最新の macOS 技術との融和が実現されています。

EazyDraw は、技術図面、テキスト/ページレイアウト、コンピュータアート、建築図面、手紙、フォーム、ロゴデザイン、フローチャート、家系図、地図、科学関係のイラスト、アプリアイコン、Web グラフィックなどに最適です。

EazyDraw は SVG、DXF、および PDF ファイルフォーマットの完全なネイティブサポートを提供します。EazyDraw があれば、SVG、DXF、EPS、および PDF ベクトル描画を書き出したり、編集したりできます。書き出せるフォーマットには、SVG、DXF、PDF、EPS、JPG、TIF、Favicon、Keynote などがあります。

EazyDraw は、最大のシステムセキュリティを提供できるように、完全にサンドボックス化されています。また、64 ビットの EazyDraw 5 は、マルチスレッド 64 ビットコンピューティングの正確さとスピードを提供します。

機能:レイヤ、複数の描画ウィンドウ、記号ライブラリ、ヤード・ポンド法やメートル法の単位、描画スケール、ベクトルハッチ、グリッドとガイド、RGB と CMYK の色。

Sierra の機能:Gatekeeper、サンドボックス、iCloud、バージョン、フルスクリーン、再開、およびその他の機能。

新機能

バージョン 5.8.8

マイナーアップデート、安定性の向上。 96ピクセル/インチの解像度でのSVGのサポートが追加されました。 ツールバーボタンのクリックレスポンスが改善されました。

評価とレビュー

バージョン対応とSVGでillustratorとの互換OKな点で大満足

USHIZO

仕事でillustratorを使用しています。
自宅での代替アプリとしてArtboardを購入していましたが、illustratorとの互換性がないので使いずらく放置していました。
昨年末の年賀状作成でこのアプリを使ってみました。
公式サイトでver.6の体験版をダウンロードしてみましたが、非常にサクサクで使いやすかったです。
オブジェクト30個まで配置の制限があったので購入することにしました。
ver.6よりとても安価で、機能面の差はあまり感じませんでした。
何よりこのver.5からはMacOSのバージョン対応なので、作業中に立ち戻って作成できるというのはとてつもなく嬉しいです!

気になるillustratorとの互換ですが、SVG形式にすることで相互に開くことが出来ました!
過去にillustratorで作成したベクトルデータが流用できることは非常に嬉しいです。

ただし、このソフトでは「角丸四角形」が作図できません(iOSのアイコンみたいな形状)。
四角形の線の角を丸くして、太くすることで擬似的にその表現はできますが、ツールに対応してほしいです。

情報

販売元
DEKORRA OPTICS LLC
サイズ
64.8MB
互換性
言語
日本語、イタリア語、オランダ語、スウェーデン語、スペイン語、チェコ語、ドイツ語、ノルウェー語 (ブークモール)、フランス語、ポルトガル語、簡体字中国語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2002-2017 Dekorra Optics LLC
価格
¥600

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp