スクリーンショット

説明

【語意にピッタリ合った現代語訳、全訳古語の決定版!】 が
タッチパネル機能とドッキングして多様な使い方が可能に!!!

『大修館 全訳古語辞典』は、全用例に一語一語徹底して対応した現代語訳を付し、親しみやすく分かりやすい全訳古語辞典です。注解はことばの核となる意味が憶えられるよう丁寧に記述し、語の意味の核心をおさえるため語源から現代語への流れを追って解説しました。また、助詞・助動詞や敬語については特に重視し、実践的に解説。古文解釈の現場で役に立つ、全訳古語辞典の決定版です。


●周囲の単語も見渡せるタッチパネル検索を搭載
 画面を最大限活用したタッチパネル検索を搭載。単語を記したパネルを所狭しと並べることで周囲の単語を見渡すこともでき、従来不足しがちとされてきた一覧性を補いました。特に本アプリでは見出し語の「五十音」順だけでなく「事典」「学習のポイント(品詞別、敬語)」「枕詞」「季語」「解釈のポイント」「図版」・・・・・といった様々なパネルが準備されており、学習のみならず楽しめる辞典となっております。
 ※※タッチパネルのデモは「ロゴヴィスタ」のホームページをご覧ください※※
http://www.logovista.co.jp/LVERP/information/shop/touch_panel/index.html

●フォントに秀英明朝体を採用
 古くから数多くの書籍に採用され、日本人に親しみ深い「秀英明朝体」を採用しました。
「明朝活字の二大潮流」のひとつとして、その後の和文書体に大きな影響を与えた秀英体は、大日本印刷株式会社がその前身である秀英舎の活字書体を100年以上にわたって引継ぎ、開発を行ってきた書体です。秀英体独特の書体は、本文用書体として幅広い層から愛され、高い評価を受けています。

●項目総数は必要にして充分な約2万。

●全用例に、一語一語対応した現代語訳。

●最重要語には看板。解説の前に、その後の典型的用例を囲みで掲げて「看板」とした。この文例と現代語訳を覚えれば、重要古語がマスターできる。

●語源から現代語への流れを追った解説。その後の意味の核心をおさえることができる。

●助詞・助動詞は、大型の囲み。意味・用法・同形語の識別など、すべて一目でわかる。

●敬語は特に重視。単語から複合形まで、訳し方、敬語の種類、敬意の対象など詳しく説明した。

●コラム「古語ウォッチング」では、語の用法から古典の背景まで、具体的に役立つ情報を集めた。

●形容動詞の見出しには、「なり・たり」を付け、また、サ変動詞をつくる名詞の見出しには「す」を付けた。

●連語の品詞は、「連語」とはせずに、見出しの区切りと対応させて、それぞれの品詞名を品詞欄に示した。

●名歌・名句項目、約430は、解釈に加えて鑑賞も充実。

●人名・作品名・文法事項など、約1000項目の事典を完備。

●付録「現代語で引く古語類義語集」「解釈のポイント」は、おもしろく、役に立つ。

●豊富な検索オプションを用意(前方一致/後方一致/完全一致/部分検索/全文検索)

●インクリメンタルサーチ対応(部分検索/全文検索除く)
文字を入力すると候補見出し語が表示されるので、うろ覚えでも見つけやすい

●iPhone ならではのインターフェイス。マルチタッチによる拡大やセンサーによる画面回転にも対応。

●検索結果の表示件数=50~200件まで設定可能。文字サイズも10pt~40ptまで連続可変になりました。

●連続する辞書引きに役立つ履歴表示、しおりなど。

●「秀英」および「秀英体」は、大日本印刷株式会社の登録商標です。

●本製品は、PUX株式会社の手書き文字認識エンジン「楽ひら(R)」を使用しています。
「楽ひら」はパナソニック株式会社の登録商標です。


[開発・販売元]
ロゴヴィスタ株式会社

[コンテンツ発行元]
株式会社 大修館書店

新機能

バージョン 2.0.5

アップデートの対応に時間が掛かり、公開が大変遅くなりました。
ご利用されているお客様には多大なご不便とご迷惑をおかけしたことを、お詫び申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。
ご不明点がございましたら、お手数をおかけし恐縮ではございますが、サポート宛てへご連絡をいただければ幸いです。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

なお、今回のアップデートは次の通りです。

・iOS 11 での手書き入力を改善しました。
・本文中のリンクを修正しました。

評価とレビュー

致命的な不具合は解消された模様

hagekurage

2017/3/6
今日公開されたアップデートをダウンロードしたところ、2016/2/14にここで報告した現象は発生しなくなったことが確認できました。
どうもありがとうございました。

2017/2/14
今日公開されたアップデートをiPad (iOS 9.2.1)にダウンロードして使ってみたところ、漢字を長押しして「LV辞典で辞書引き」を選択するとアプリが落ちてしまうことが分かりました。

修正よろしくお願いいたします。

2017/2/2
アプリ内からロゴヴィスタ製の他の辞書アプリにアクセスできません。インフォメーションの「辞典情報を更新する」を選択しても、エラーメッセージが表示されるだけです。

2017/1/30
黒字で太字の箇所についてですが、マーカーを引くと太字でなくなってしまいます。

2017/1/26
iPhone (iOS 9.2.1) で使っています。辞典自体も内容が充実していますし、アプリもレイアウトが見やすくて気に入っています。

ですが以下の不具合が見受けられます。

①赤字の箇所にマーカーを引くと、赤字が黒字に変わってしまう。

②『クイックガイドを起動時に毎回表示する』をオフに設定していても、起動するたびに表示される。

対応よろしくお願いいたします。

手書き認識の不具合

Grdn2015

認識させた文字が検索ボックスにペーストされない。
環境はiPad Pro 10.5, iOS 11.2.2

urlスキーム

「古語林」と同じ編集の学習版。語義が諸説まんべんないので古語特有の幅広さがにじみでそうでもある。旺文社や三省堂(ipad)同様、全文検索があるが、語義から逆にひく検索ができるだけではなく、人名から和歌が検索できたり、よりシームレスである。ただ、ロゴヴィスタは、物書堂や計測技研など他の辞書アプリ制作者がurlスキームを公開しているのに、囲い込み方針?なのか公開しないというのが残念。私の調査では次の通り。前半だけでも使えると思う。
LVEDZYAKUKOG:///search?query=_Q_

情報

販売元
LogoVista Corp.
サイズ
151MB
互換性
iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
日本語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© (c)LogoVista Corporation 2001-2018
価格
¥2,200

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ