Mac App Store

Mac App Store は Mac で使える App の検索とダウンロードが簡単にできる場所です。

Mac App Store から interviewScribe をダウンロードするには、OS X 10.6.6 以降を搭載した Mac が必要です。 さらに詳しく。

interviewScribe

デベロッパ:YANASE Inc.

App を購入、ダウンロードするには Mac App Store を開いてください。

説明

interviewScribeは、テープ起こし作業を効率的に行うためのツールです。

- フレーズ分割
interviewScribeでは音声データを、発音している部分毎に分割し、「フレーズ」として管理します。
フレーズに分割することで、数秒のフレーズ毎に聞き取り作業を進められ、再生、聞き取り、テキス ト変換の一連の作業をスムーズに進めることが出来ます。

- テープ起こし作業に特化した機能
interviewScribeでは、テープ起こし作業を考慮し、ダイレクトな再生位置の設定、再生速度の調整、 再生音質の調整、フレーズの自動分割など、テープ起こし作業に特化した機能を持っています。

- システム音声入力との連携
さらに、システムに備わっている音声入力機能を活用して、テキスト変換を行うことも出来ます。
特徴的なのは、音声入力の開始に伴ってフレーズを自動再生させることで、再生音を音声入力に入力 して、テキストに変換することが出来ます。
※※※※
良質な音声データ(例えばPodcastで配信されているニュース音声等)なら、驚 くほど簡単にテキストへ変換することが出来ますが、一般的な音声ソースでは、キータイプした方が効率的に作業を進められます。

- 聞き取り結果の出力
フレーズ毎に変換されたテキストを結合して、聞き取り結果テキストとして書き出すことが出来ま す。フレーズテキストの結合では、発音時間や話者がわかるようなヘッダーを付けることが出来ます。ま たヘッダーはsrtファイルフォーマットに準拠しているため、聞き取り結果テキストを動画の字幕テキス トとして使用することが出来ます。

バージョン 3.1.6 の新機能

v3.1.5のサンドボックス設定に漏れがありました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

--- 3.1.5 リリースノート---
- 保存時に稀にデッドロックする問題を改修しました。
しかしながら、この改修に伴いオートセーブ機能は断念いたしました。

- 保存時の再生位置を記憶することで再オープン時に前回保存した時点からの再開が可能となりました。

スクリーンショット

スクリーンショット 1
スクリーンショット 2
スクリーンショット 3
スクリーンショット 4

カスタマーレビュー

Macの音声入出力に注意

英語の勉強のために、Podcast(mp3)のテープ起こし用に購入しました。

しかし、音声入力しようとすると音声出力が止まってしまいます。
原因がわかりませんが、このソフトではなく、Mac (MacBook Air 13-inch, Early 2014) の問題のようです。
調べてみると、YouTube再生中にテキストエディットで音声入力もできませんでした。。。

ということで、このソフトに非はないのですが、当初の目的通りには使えていません。
音声ファイルが細切れになるので、Dictationの勉強には良いと思います。

テキストに自動変換してくれるソフトじゃないんですね。

音声ファイルの自動認識ソフトを検索していて本ソフトにたどり着きましたが、どうやら違ったようです。
マニュアルにはクリアな音声のネットニュース云々とあったので、音源データから手軽にテキスト抽出できるのかと思いきや。
フレーズごとに詳細なテープ起こしするソフトとしては使い勝手は良さそうですが。。

音声入力わかりませんね……

ユーザーズガイドの通りに操作してもテキストの音声入力はできません。非常に使いにくいです。指示されているsoundflowerも今はダウンロード中止になっています。

interviewScribe
Mac App Store で表示
  • ¥1,200
  • カテゴリ: 仕事効率化
  • 更新:
  • バージョン: 3.1.6
  • サイズ : 17.8 MB
  • 言語: 日本語、英語
  • 販売元:

互換性: OS X 10.9 以降、64ビットプロセッサ

カスタマー評価

このアプリケーションの現行バージョンの平均評価を出すための十分なデータがありません。
すべてのバージョン: