スクリーンショット

説明

iテキスト は「Writer's Workshop(作家のための作業環境)」をコンセプトにしたテキストエディタ iText Pad の無料版アプリケーションです。iテキスト は汎用テキストエディタの主要な機能を搭載、日本語文書作成ツールとして、長文テキストの作成・編集・検索、さらに、テキストビューア機能として、メモ帳レイアウトや原稿用紙レイアウトなど、多数の画面レイアウトを用意しています。
 iテキスト は、高機能なノート、本格的な文章作成ツール、電子書籍ビューアとして、ビジネスから教育現場まで、幅広い用途でご利用いただけます。

iテキスト の特徴
・同時に複数のテキストファイルを開いて編集・閲覧することができます。
・表示サイズを500%まで拡大することができます。
・iPhone を横置きにしたときの操作に対応しています。
・検索をサポートしています。
・青空文庫テキストを開くことができます。
・電子書籍ファイル ePub のテキストを開くことができます。
・オンラインストレージサービス Dropbox と連携します。
・テキストをメールで送信することができます。
・文字数をカウントすることができます。
・環境設定で画面をカスタマイズすることができます。
・画面レイアウトを選択することができます。
・ツールバーが汎用エディタの「ファイル」「編集」メニューと同じ機能になっています。

【ご案内】
・Windowsパソコンをお使いのお客様は、ツールバーの [情報] >「環境設定」で、改行コードを「CR+LF (Windows)」に設定すると、iテキスト で作成したテキストファイルを Windowsパソコンで開いたとき、改行が正しく表示されるようになります。

新機能

バージョン 1.3.5

1. Dropbox の新しいサーバーアクセスに対応しました。
2. 「Webから開く」を廃止して Safari と連携するようにしました。
・Web表示に年齢制限があるため「Webから開く」を廃止して「クラウド」に差し替えました。(ファイル - クラウド)
・Webブラウザの Safari と連携してファイルを読み込むようになりました。(青空文庫のサポート)(zip ファイルのサポート)

【ご案内】
iテキスト で縦書きのまま文字入力を行ないたいときは、無料アプリの「iライターズLite - 縦書き日本語入力」を App Store よりダウンロードしてください。iライターズLite と連携することで、iテキスト のテキストが縦書きのまま入力できるようになります。

カスタマーレビュー

3.4/5

132件の評価

132件の評価

使えない

たなひやまら

名前変更、このアプリからテキスト作成したときにテキストファイルとして保存されないので、表示されなくなる。結局パソコンからドロップボックスを開いて編集することになる。仕事にならない。

最悪

ホクホクポテトフィーバー

データ消えた
めちゃくちゃ書き込んだのに

スクロールがぎこちない

adgjrt

iPhoneを8.4にしてから、iテキストで表示している文章をスクロールしたときに、ガタガタと動きがぎこちなくなりました(・_・;
細かいことなんですが、以前のように滑らかにスクロールできるよう調整してもらえると嬉しいです。

情報

販売元
Michiaki Yamashita
サイズ
19.7MB
カテゴリ
仕事効率化
互換性
iOS 7.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
言語
日本語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2015 LIGHT,WAY.
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ