スクリーンショット

説明

【 局面図を撮影、自在に編集 】

将棋ファン必携の最新ITツール!
将棋の楽しみ方がぐんと広がります!

****** 使い方の例 ******
◆書籍やネットの局面図をスキャン
◆局面を自由編集もできます
 ↓ 本将棋Proに転送して
◆コンピュータ相手に対局
◆詰将棋の解答
◆将棋のルールで局面検討
 ↓ さらに棋譜分析アプリに転送
◆局面の形勢分析
◆好手悪手の分析
******************

【詳細】
◆最新IT技術で実現した将棋専用OCRツール。
◆書籍やネット上の局面図をスキャン。
◆局面図の駒文字を自動認識して、アプリ内の将棋盤に展開します。
◆本将棋Proと連携して、局面検討、詰問題解答、コンピュータとの対局が可能。
*高い文字認識率を達成し、実用性の高い将棋ツールになりました。
*黒色の定形フォントを使った局面図の読み取り専用です。
*崩した書体の駒文字には対応していません。

新機能

バージョン 1.2.1

撮影の際のノイズを軽減しました。

評価とレビュー

スキャナーについて

将棋大好き人間

着眼点は素晴らしいと感じるがスキャナーの認識が低く指して並べた方が早いという存在否定に遭遇する。是非頑張って改良して欲しい。そこが出来れば神アプリになると思う。

こんなアプリが欲しかったのですが。

たるたん

今後どんどん改善して下さることを希望します。
1 ios7.1.1 iphone5s では、終了ボタンをタップしても何も起こらずアプリを閉じられません。
2 戻るボタンがないので、一手間違えると(複数の)駒の配置をやり直すことになり面倒です。
3 持ち駒で「残り全部」などの表記も認識して欲しい。
4 駒をダブルタップで成り、フリックで駒の向き(先後)を変更して欲しい。
5 撮影した画像は同じページ内に表示しなくてもよい。なぜなら、撮影した本は目の前にあるから見比べられる。敢えて撮影した画像と盤面を同時に表示したいときには、何らかの操作をして例外的に同時に見られれば良いと思います。
6 撮影して配置するモードとは別に、駒を動かして変化を検討するモード(将棋のルール通りに駒の成り不成りを選べて、相手の駒を取ったりできる動くモード)が欲しい。本を読みながらなので、本将棋と同じように縦画面で操作したい。要は、配置が終わったら本将棋アプリで先手後手の駒を操作できるイメージです。

現状ではゴミアプリです

ibotenic acid

このようなアプリが欲しいと感じていましたが認識能力に問題があり、撮影後に自分で編集しなければならないため無料の自分で並べる検討アプリより使い勝手が悪いです
また、下記に改善、実装して頂きたい機能をあげます
1.編集モードと検討モードを分けて検討モードでは将棋のルールにのっとった動きしかできないようにして欲しいです
2.盤面の保存をできるようにして欲しいです
3.グリッドの角度を調整できるようにして欲しいです

情報

販売元
Shigeo Mimura
サイズ
42.1MB
カテゴリ
ゲーム
互換性
iOS 7.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© Shigeo Mimura
価格
¥480

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ