iPhoneスクリーンショット

説明

「きたみち帰る」は、歩いた道を記録しておくことにより
知らない街や道の無い山の中で、出発地点に戻ることが出来ます。

旅行先で、ホテルや旅館から付近の散策に出かけたら、
迷ってしまって困ったなんてことはありませんか?

・出かけるときに記録を開始しておけば、
歩いた道を戻って帰り着くことが出来ます。

・コンパスが進む方向を表示しますので、
地図が苦手な方でも大丈夫!

基本操作を「記録すること」と「帰ること」に絞っていますので、
誰にでも簡単に使えます。

道が無かったり、携帯の電波が届かないような山の中でも
案内は表示されますので、山菜やキノコ狩りなどにも利用できます。

移動距離や経過時間も表示されますので、
普段の散歩やランニングでも、目標距離や時間を計ることにも利用できます。


使い方:

◆記録モード
あなたが移動した地点を記録していきます。
移動距離も表示されますので、
引き返す基準の目安にもなります。

・記録をはじめたいとき
「記録開始」で、記録を始めます。
既に記録したデータがある場合は、「記録再開」となり
前回の続きから記録を行います。
最初から記録したい場合は、「初期化」から記録を消してください。

・帰りたいとき
「帰る」で、帰るモードになります。
いままで記録した道を戻っていけます。

◆帰るモード
記録してきた道を帰っていけます。
コンパスが向かうべき方向を示しますので、
地図を広げる必要もありません。
等間隔に設置したチェックポイントを順次案内しますが、
通りすぎてしまったり、戻りたいときは、「進む」「戻る」で
調整が可能です。

◇地図モード
記録モード、帰るモードであなたの移動したルートを
地図上に表示することも出来ます。

◇記録の書き出し
インフォメーション画面から、
移動記録をメールに添付することが出来ます。
GPX形式,KML形式に対応しています。

※屋内など、GPSの電波が弱い場所では、正しい位置情報が利用できないことがあります。
また、GPSはバッテリーを多く消費しますので、予備バッテリーの携帯をお勧めします。

※iPhone3GやiPod TouchなどのコンパスとGPSを搭載していない機種では
動作致しませんのでご注意ください。

※海外でのご利用について
基本的にはGPSが動けばどこでも利用可能です。
ただし、海外で地図を表示させた場合、
高額なデータ通信料金が発生してしまう場合がありますので
ご注意ください。

設定>一般>ネットワーク>データローミング を「オフ」にしていただければ
地図は表示できなくなりますが、高額なデータ通信料が発生することを
防ぐことが出来ます。

地図を表示させたい場合は、softbank「海外パケットし放題」やau「海外ダブル定額」などの
海外向け定額サービスを利用していただければ、通信料をおさえることが出来ます。

新機能

バージョン 2.2

機能追加
・帰るモードに、「反転」ボタンを追加しました。現在の案内ルートの順番を逆にします。
案内されている途中で戻りたい場合や記録したルートを再度歩きたい場合などに便利な機能です。

評価とレビュー

3.7/5

9件の評価

9件の評価

ちゃんと帰れた!

お弁当あたためますか

半信半疑で使ってみましたが、ばっちり帰れました。
欲を言えば、ルートを登録できればと思います。

使い物にならないです

まぁ@@

とにかく重すぎて使えないの一言。引っ越してきたばかりて道を覚える為に使用したのですが読み込みが遅すぎてイライラします。

今使えないよー

レビューやだ

iOS11に対応させてくださーい!!
アップデートしたら使えなくなりました!

情報

販売元
SANEI HYTECHS co.,ltd.
サイズ
1.5MB
カテゴリ
旅行
互換性
iOS 5.1以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
日本語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© SANEI HYTECHS co.,ltd.
価格
¥120

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ