スクリーンショット

説明

Where was the picture taken?

Koredokoは、iOSデバイス内の写真の撮影位置を表示するAppです。

- ジオタグが埋め込まれている写真の場所を地図上に表示します。
- 緯度と経度を表示します。
- 日付時刻を表示します。
- 横表示時には絞りなどの撮影情報を表示します。
- 標準のマップと同様に拡大・縮小・移動、マップタイプの変更ができます。
- 標準のマップとの連携


----------
ご注意
----------
- [設定] - [プライバシー] - [写真] の [Koredoko]をONにしてください。
OFFが設定されていると、アルバムを認識できません。


有料オプション(広告を表示することで、無料でもお使いいただけます)
- 位置情報の編集、保存 (ふきだしをドラッグします)
※ 編集した位置情報はフォトライブラリに保存されます。
- 位置情報を削除して保存
- 詳細情報の表示
- スライドショー

使用方法は、本アプリのホームページから、[使い方]を参照してください。
アプリ内の[設定]からも参照できます。
http://labs.kawabatafarm.jp/Koredoko/

新機能

バージョン 47

- Supporting iPhone X.
- Fixed minor bugs.

評価とレビュー

2.8/5
25件の評価
25件の評価

便利です

chikoret

かなり前から使わせてもらっています。
iOSの機能で地図表示が対応していなかった頃、このアプリがあれば写真さえ撮っておけば後で場所を確認できたので、海外出張の時に何度も助けられました。
今は写真アプリで撮影場所は確認できるようになったので、位置情報の追加・修正用途で使用しています。
おすすめアプリです。

問題点としては
この位置情報の追加・修正の際に不意に地図上に写真が表示されなくなり、再起動する必要がかなりの頻度で出るようになりました。
また、写真が増えて来ると、カメラロールからしか写真を選択できないことが不便になってきました。
これらが改善すると嬉しいです。

とても重宝しています

緋色風

無料アプリですがGPS情報を変更出来ますしEXIF情報も詳しく出ていて重宝しています。

ひとつ気になるのは、撮影した日付や時刻が前日になってしまっていること。
これはこちらの環境によっての現象なのかもしれませんが、一度確認して頂けたらと思います。

(以下2016/03/07追記)

起動時に読み込む画像の最初の一枚にジオタグが埋め込まれていない場合、デフォルトで現在地を指定(現在地に移動)出来るようになると助かります。
オプションから指定地点を数カ所選ぶ…というのも良いかもしれないです。

誤作動が起こるのはなぜ?

cocoroiki

SNSなどにアップする時に、画像の詳細情報を消したいので、重宝しています。しかし、たびたび、誤作動が起こり、きちんと処理できずに、メニューウインドーが閉じたりします。それがらなければいいのたが。

情報

販売元
Norio Kawabata
サイズ
7.3MB
カテゴリ
写真/ビデオ
互換性
iOS 9.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
日本語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2008-2018 Kawabata Farm
価格
無料
App内課金有り
  1. 拡張機能(広告無し) ¥480

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ