スクリーンショット

説明

Live Interior 3D の後継である Live Home 3D は、非常に直感的でかつ豊富な機能を備えたホームデザインアプリです。家の改装を計画しているマイホーム所有者はもちろん、アイデアを視覚化しようとしているプロのデザイナーにも Live Home 3D は最適です。

一般
• 詳細な 2D フロアプランを作成。
• リアルタイムの美しい 3D レンダリング。
• ロフト付きで最大 2 階までの建築が可能。
• 徹底した一連のビデオチュートリアル。
• 内蔵のヘルプアシスタントと、簡単に利用できる無料のテクニカルサポートサービス。
• 住宅プロジェクトや部屋サンプルを含むプロジェクトギャラリー。
• Live Interior 3D プロジェクトのネイティブサポート。

フロアプランの各種ツール
• 部屋ツールを使って完全な部屋を描画。
• 壁の描画に弧状の壁/まっすぐな壁ツールを使用。
• 家具の‘自動アウトライン’ ベクターベースの 2D 表現。
• 2D 平面図を描く際に壁、天井、および床の測定値をリアルタイムで表示。
• 必要な測定単位(インチ、フィート、メートルなど)を選択。
• スマートな寸法ツールを使って、下にあるオブジェクト間または壁間の距離を設定。
• スマートガイドやオブジェクトのスナップ機能による正確な配置。

リアルタイム 3D 環境
• 3D での照明の調整、オブジェクトの追加や移動、マテリアルの適用、その他。
3D または 2D での変更はすべて、3D でリアルタイムにレンダリング。
• 3D インテリアをウォークスルー。
• 家を複数の視点から見るために複数のカメラを設定。
• 真のジオロケーション、日中、曇りを設定して自然な照明を実現。
• プロジェクト内のすべての照明器具を調整してリアルな照明シーンを実現。
• プログラムの高度な技術を用いてコーナー窓や複雑な開口部を作成。
• 詳細レベル(LOD)ツールにより、3D オブジェクトを最適化し、プロジェクトのスピードアップを図ることが可能。
• シャドウをソフトで自然に見せるプロ並みのシャドウマップテクニック。

3D モデルとマテリアル
• 2,000 点以上の家具およびその他のモデル。
• Trimble 3D Warehouse™(以前は Google 3D Warehouse™)からモデルをシームレスに読み込む。
• 2,100 点以上のマテリアルが付属。
• Finder からイメージをドラッグアンドドロップすることにより、カスタムマテリアルとして任意のサーフェスに適用。
• 家の改装プロジェクトにどのくらいのマテリアルが必要かを判断するために、正確なサイズのマテリアルタイルを設定。
• SketchUp, COLLADA, KMZ, FBX, OBJ、または 3DS フォーマットのオブジェクトを、プロジェクト内にドラッグアンドドロップするだけで読み込むことが可能。

屋根とドーマー
• 12 種類のカスタマイズ可能な屋根テンプレートを備えた屋根アシスタント。
• カスタムセグメントを追加して屋根を完全にカスタマイズ。
• 16 種類のカスタマイズ可能なドーマー。

新機能

バージョン 3.4.2

Live Home 3D v.3.4.2 の新機能
• その他の些細なバグと安定性に関する強化。

Live Home 3D v.3.4.1 の新機能
• その他の些細なバグと安定性に関する強化。

Live Home 3D v.3.4 の新機能
• Wavefront .OBJ ファイルフォーマットの 3D オブジェクトを読み込めるようになりました。
• Sweet Home 3D で作成された 3D オブジェクトやプロジェクトを .SH3D ファイルフォーマット(ネイティブ)で開くことができます。
• .COLLADA ファイルフォーマットのオブジェクトの読み込み機能が向上しました。
• 500 点の新しいオブジェクトが内蔵ライブラリに追加されました(開いたドア、窓やゲート、棚、ソーラー/サーマルパネル、暖房器、ボイラー、
• キッチンアイランドなど)。
• オブジェクトライブラリの階段カテゴリ内にあったオブジェクトに変更が加えられました。
• 家やインテリアのテンプレートが修正されました。
• macOS 10.14 Mojave に対応しました。
• macOS 10.14 ユーザのためにダークモードがサポートされるようになりました。
• 今後リリースされる Live Home 3D for iOS との完全な互換性。
• 2D 描画が最適化されました。
• 2D フロアプランで直接スプライトオブジェクトのサイズを変更できる機能が追加されました。
• 光や影の計算にシャドウマップ技法が使われるようになったおかげで、レンダリング速度が向上しました(ステンシルシャドウはオプションのままです)。
• プロジェクトを .FBX ファイルフォーマットに書き出したときにユーザカメラが回転するという問題が修正されました。

評価とレビュー

4.4/5
5件の評価
5件の評価
Earlybirds JP

Easy to Use

I am no pro, but this app was simple and easy to use. Plenty of options and the 3D camera view/tour is an excellent tool for getting an idea of what your house might look like. Take some time to get familiar with all the features/commands and in no time you you will be watching all your great ideas come to life.

情報

販売元
Belight Software, ltd
サイズ
337.1MB
互換性
macOS 10.12 以降、64ビットプロセッサ
言語
日本語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、簡体字中国語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2018 Belight Software, Ltd
価格
¥2,400

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp