iPhoneスクリーンショット

説明

「Magnetscape」は、iPhone内蔵の磁気センサを使用し、目に見えない磁界を観測するアプリです。

われわれの身の回りにはさまざまな磁界があります。たとえば、大型のモーターやコンプレッサー、また金属が近くにあるだけでも磁界は変動します。何もないような場所でも地磁気(地球の磁場)が存在し、その影響をうけています。

「Magnetscape」は周囲の磁界をリアルタイムにモニターすることは可能で、実生活で様々な用途に使えます。例えば、静磁界の調査、交流磁場 (電磁場)での低電磁場の探索、金属探知などにご利用になれます。

「Magnetscape」は3種類の磁界観測の測定モードを持っていますので、目的にあわせてご利用ください。

- スコープ (Scope)
磁界の大きさと方向がわかるようなグラフィック表示をおこないます。
スコープは、磁気の大きさ (磁束密度)をグラフィックサークルの大きさと色で表します。サークルの表示位置は、磁力源の極性に合わせて移動しますが、極性が地磁気と同じ方向であればN極の方に吸い寄せられ、逆に極性が反対 (S極)であれば遠ざかります。近くに金属や磁界を発生させるものが無ければ、地磁気(N極)の方向にずれます。

ー 時間変位グラフ (Time)
磁気センサからのRAWデータ(生データ)とその補正後データをトレース表示します。
3次元空間における各軸値 (Bx/By/Bz)、および、合成磁束密度 (Bcomp)の時間グラフです。最大180秒分をスクロール表示できます。

- FFT解析 (FFT)
変動する磁場に対して周波数解析を行います。合成磁束密度のFFT解析結果を表示します。
横軸:周波数 1 - 16Hz (0.5Hz)
縦軸:dB (基準値デフォルト45μTに対する比率)基準値は45±15μT/1μT単位で設定可能

特長:
- 磁気センサによる磁界観測のグラフィック表示 (Scope)
- 磁界観測の時間変位グラフ表示 (Time)
- FFT解析 (FFT)
- 磁界観測
x軸:(画面に向かって右方向)の磁界の強度 (Bx)
y軸:(画面に向かって上方向)の磁界の強度 (By)
z軸:(画面の垂直上方向)の磁界の強度 (Bz)
 合成磁束密度: x軸、y軸、z軸の3成分をすべて考慮した磁界の強度 (Bcomp)
 サンプリング周波数:32Hz
 観測値の単位:uT
- 連続測定時間:3分
- アラート機能:合成磁束密度が300μTを超えると、警告メッセージが表示されます。
- ピークホールド表示 (FFTモード時)
- 測定表示画面のスナップショット (Snap)
- 角度表示 (Scopeモード時)

注意事項:
- 本アプリの表示数値は、磁気センサからの出力値(RAWデータ)そのものです。アプリ内部でフィルタリング処理などの加工は一切行っていません。
- 磁気センサはデリケートなデバイスですので、極端に強い磁石、磁界に長時間さらされることで磁気センサの内部基準値が狂う恐れがあります。
- 磁気センサの基準値が狂った場合には、一旦アプリを停止し暫く放置しておくと自動的に磁気センサは再調整されます。それでも磁気センサが不安定な場合は、電子コンパスのキャリブレーションやリセット手順をお試しください。

新機能

バージョン 1.1

・いくつかの処理を改善しました。
・角度表示を追加しました。
・iOS11.2以降が必要です。

情報

販売元
TOON,LLC
サイズ
800.8KB
カテゴリ
ユーティリティ
互換性
iOS 11.2以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© TOON,LLC
価格
¥600

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ