iPadスクリーンショット

説明

=アプリ概要=
このアプリは、心理学の実験を実習を通じて学ぶことを目的としています。
ここでは、代表的な錯視図形である、ミュラー・リヤー錯視図形(Muller-Lyer illusion)を題材にしています。
ミュラー・リヤー錯視図形を用いて、錯覚の強さを定量化する手法である調整法と極限法を用いて実験することができます。

一般的な心理実験と同様の手続きで、ミュラー・リヤー錯視図形を用いた実験を行うことができます。
5種類の挟角(内向図形:30°、60° 統制条件:90° 外向図形:120°、150°)の角度条件で主観的等価点(PSE)の測定を行うことができます。
測定したデータは、csvファイルとして保存されており、iTunes経由で取り出すことができます。
またv2.1.0より、実験で取得したデータ(.csv)を共有する機能(メール等)が追加されました。

v2.1.0より
対応デバイス:iPad mini(7.9インチ)、iPad(9.7インチ)、iPad Pro (12.9インチ)
対応OS:iOS11.3以降

新機能

バージョン 2.1.1

・11インチiPad Proに対応しました。
・Filesアプリから実験データにアクセスできるようになりました。
・結果タブにおけるグラフの値を錯視量から、PSEに変更しました。
・極限法において、反応後に刺激が一時的に消えるエフェクトを追加しました。

情報

販売元
Kensuke Oshima
サイズ
7.7MB
カテゴリ
教育
互換性

iOS 12.1以降。iPad対応。

言語

日本語、英語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© Kensuke Oshima
価格
¥240

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。