スクリーンショット

説明

The power of a digital audio workstation in the palm of your hand.

Release your creativity with up to 24 high quality audio tracks. Record multiple takes, harmonies, solos, and experiments. No more worrying about bouncing - each instrument can have its own track. More cowbell? No problem!

Build new songs just like in a real recording studio, with the monitoring and overdubbing capabilities of MultiTrack DAW. Move and trim audio until it's perfect, and mix the sound until it's just right. Share your creations with iTunes File Sharing, Wifi, email, and SoundCloud.

INPUT OPTIONS

MultiTrack has a wide range of input capabilities, including the built-in mic, headset mics, and USB interfaces and mics. Please see our support forum for a list of supported input devices.


AUDIO FILES

File types for import include mp3, wav, aac, m4a, aif, and m4a. MultiTrack now offers 7 ways to get audio files in and out: iTunes File Sharing, Wifi, Copy/Paste, "Open in...", Email, Music Library Import, and SoundCloud.


FEATURES

8 stereo audio tracks, upgradable to 24.
Up to 24 bit / 96kHz, professional quality sound for each track.
Inter-App Audio - Generators, Instruments, and Effects supported.
Audiobus 2.0 - Can be used as a sender for any track or master out. Supports saving and restoring state.
Non-linear, non-destructive editing using Regions and Bins.
Per track Compressor and EQ (2 bands parametric, 2 bands shelving)
Sweet Reverb and configurable stereo Delay available as bus effects.
Supports up to 16 inputs simultaneously (USB hardware required)
Grid View with Snap to easily align regions.
Freeze tracks for improved performance and to free up the IAA plugins for use on other tracks.

Metronome adjustable from 40 to 240 BPM
Time Signatures (2/2, 2/4, 3/4, 4/4, 5/4, 7/4, 6/8, 7/8, 9/8, 11/8 and 12/8)
Ruler showing bars/beats/divisions/ticks or timecode.
Individual controls for volume, pan, mute and solo.
Volume faders have +12db of gain boost.
Fade in and out per region (editable fade points)
Input selection allows splitting stereo input onto 2 mono tracks.
Ability to monitor the input signal with effects.

Opens email attachments or audio on web pages (mp3, m4a, AAC, wav, aif, ogg)

Bounce Regions using multi-region copy and paste.
Looping with the Loop Markers.

Hotbox popup control with context sensitive buttons.
Audio Browser allows preview of audio files in the song.
Snap, Punch, Input Monitor, Auto Input, Undo and Redo, and many more features.
Smart Snap displays red vertical lines with exact snapping placement, snaps to any other region or ruler line.


MORE FEATURES

Beautifully rendered waveforms at multiple zoom levels.
Low latency VU meters for each track.
32 bit / 64 bit audio processing.
Multi-touch pinch/zoom support.
Unified Copy/Paste system means internal copying works in other apps.
Latency compensation with selectable buffer sizes.
Recorded material perfectly synced with other tracks.
Fades use quadratic interpolation in dB space.
Fully Bit Transparent when faders set to 0dB.
Zip compression of song projects for backup/restore.
Sharing of Zipped songs with AirDrop or "Open In..."

Native iPad support (landscape and portrait, up to 11 tracks visible)
USB Audio using Camera Connection Kit or Lightning to USB Camera Adapter.

Wav, Ogg, and m4a compression for Wi-Fi download, mixdown, email attachments, and SoundCloud upload.

"Sound Copy" app extension allows copying audio to the General Pasteboard (Intua format) from outside MultiTrack.

For more information visit harmonicdog.com

* Stereo recording requires a stereo microphone (please see our support forum for details)
* iPod Library Access is read-only, and cannot read DRM protected files.

新機能

バージョン 4.3.3

Preamp gain controls how much signal is sent to IAA track effects.
Effect Knob drag types (horizontal, vertical, or both). Option available in Settings App.
IAA Track effects now work on underlying regions of armed tracks as well as input monitor.
"Sound Copy" App Extension, converts audio to wav and copies to the general pasteboard from outside MultiTrack, including ogg files.
Tempo Controller redesign, separate spinner controls for Ruler type and Display type, 'Accent' button to accent the first beat of the bar.
Custom metronome sound (drop a short wav file into the Documents folder named 'metronome.wav'. Max duration for metronome sound is 0.1 seconds. Accent sound is created automatically by pitching up the sound.)
MultiTrack now rotates 5 backups of a project. If anything goes wrong, the latest backup is loaded.
Improved Input Selector box now groups core audio inputs, IAA effects, generators, instruments, and Audiobus sources.
Waveform previews are now built while recording, instead of after. No waiting for a lengthy preview build after long audio recordings.
Bins and Regions are named by track and take number, or audiobus source port names.
MultiTrack can now be launched into the background, when hosted from another app.
Now supports retina 3x displays on iPhone 6+, 6S+, and 7+ (5 tracks visible). iPad pro displays 11 tracks landscape and 15 tracks portrait.
Bluetooth A2DP and Airplay now works for iOS 10 devices (enabled in the Menu).
Non-Exclusive solo, now you can solo as many tracks as you want.
'IN' volume meter now displays up to 24 input channels on iPad and 3x iPhone
Select from the 3 different built-in microphones on newer devices.
Reworked IAA plugin system for better stability and compatibility with particular apps.
Updated for iOS 10. Audiobus 3 ready.

Fix: email bug when sending large files on certain versions of iOS 9.
Fix: memory leak when recording with screen locked.
Fix: If the song project doesn't match the hardware samplerate, converters are placed around IAA plugins.
Fix: To prevent Audiobus disconnections, input ports are now pulled even when track is disarmed or song is closed.

4.3.1
Fix: Scaling issue on iPhone Plus when in 'Display Zoomed' mode, introduced in 4.3 version.
Fix: Import of video files (mp4) for audio ripping was being excluded, introduced in 4.3 version.

4.3.2
Fix: Rare crash bug when freezing/unfreezing tracks while in playback mode.
Fix: New Audiobus lib fixes very rare crash bug when loading song.

4.3.3
Fix: Waveform previews not displaying correctly after 16 millionth sample.

評価とレビュー

普通を追求した正統派アプリ

ジマチー

10/15追記
毎日のように立ち上げて家の中を歩き回りながらボーカルのダビングを繰り返していますが、一度も不自然な挙動すら起きません。このソフトにおいてリブートや手動リフレッシュは実に縁遠い作業となるでしょう。データを守ることと常にレスポンスが一定していることは驚きです。

SMPTE信号を事前に用意して外部Seqをロックしながらのモノモニター作業を試してみようと思います、流し込みで完璧なら収録ハブとしても最良となります。

このソフトは現状完全ディストラクティブです、言わば切り貼り不可のテープMTR。undoもエフェクトも何もありません。しかしこれの安定性を超えるものを作るのは相当なことと思います。しかしステレオRecが実現したら他のアプリは外すかも知れません。この信頼性は変え難い訴求力として自分の心を掴んでいます。

-------

エフェクトが豊富とかそういう方向性も華やかで良いのだが、この手のアプリに本当に求められる事といえばシンプルな設計から得られる基本性能の高さ。現存のアプリの中でこのアプリはずば抜けて"普通"を実現していると思う。長期間のロードではないし、あくまで参考程度ということで。

・トラッキングを進めていく中でタイミングがきちんとロック出来ているかという点、これは最も重要なポイントでまずは及第点。インプットモニタのレイテンシーもギリギリまで抑えられている印象で快適に録音出来る。但しそれでも二桁レベルのsample精度が求められる制作には少々癖が感じられるかもしれない、基本は充分な合格点。

・同時録音トラック数は1TRモノになる(Dock系を差した場合は未確認)ので、ライブやリハなど一発収録には向いていないかもしれない、しかしインプットモニタ品質や収録された音質は密度こそある程度仕方ないものの必要充分なクリアさを保っており通常のリスニングにケチがつく様な印象は全く感じられない。パンチも可能、アウトに関しては再生はぶら下がらず同時停止する。とにかく操作が軽い。

・パンチ後もリージョン化しない、これによりDL後に外部DAWへのリスタンプする負担が解消されている。処理後のクリップは発生していない、クロスフェードの品質が良い為かは不明。

・UIは適切な処理が考えられている、とにかく各パーツをタッチしてみよう。手動スクロールと再生ポイントの移動はタッチしている時間と縦バーにくっ付いているボックスの内外により判別しているようで最初は一瞬パニック状態になるが、慣れると快適で上手いアイディアだなと感じた。

・ファイルのIN/OUTはとてもスムーズに行える。どちらかというとトラック数の多さよりここを(Import)購入の決め手としている人が多いと思うが、16TRまで拡大したことによる安定性確保の恩恵は短い時間ながら8TR程度まで試した結果では確実に得られていると感じた。16TRまでTDプリントを済ませた後細かいトラック毎のLEVEL,PANをテストしてみたい、録る以上にこんな用途が実は向いている気もする。

色気を出さず更に頑丈なソフトへ育てていって欲しい、沢山のレビューや報告が必要になると思うのでヘビーな使い方をする方の投稿を自分も待っています。男気というか....ルックス以上に気概を感じさせる良いソフトだと思います。

良くなってきています

brownie_!

[ v1.1Review ]

iPhoneの内蔵マイクを使用したレビューとなります。
metronome機能、punch in/out設定が追加され、v1.1で普通に重ね取りができるようになりました。

左上の部分をタッチすることで設定パネルがズームアップし、BPM調整(拍子、テンポ)が設定できるようになり、再生、録音時のそれぞれで音の有無やTime Code表示系の選択ができます。

MenuからPunchを選択すると、Punch INとOUTの赤いローケーターが表示されるので範囲を指定します。録音時には指定範囲だけ自動的に録音されます。当然、ヘッドフォンでモニターしながらできます。

ただ、残念なことに編集機能(部分的な切り取り、コピー、ペースト)まだ実装されていないことです。
それと内蔵マイクというハードの構造的な問題と思うのですが、録音トラックを指定した状態でMenuのInput MonitorとSpeaker Outを有効にしているとハウリングが起きます。通常はこのような使用はしないと思うので大きな問題ではないのですね。

ズームアップされた各種操作パネルは放置しておくとしばらく表示されていますが、元のスイッチ類をタッチするだけで直ぐにズームアウトし、軽快に操作できるし、ストレス無くパラメータ調整ができる点は良く考えられていると思います。また、文字もみ易く、色使いも目に優しく配慮されていると思います。

WiFiでのPCとのデータ転送はiPhone側の指定トラックをPCに取り込め、iPhoneの指定トラックにPCからデータを流し込めます。現状ではiPhoneで録音、PCへ転送、PCで編集、iPhoneに再び転送し 16チャネルからMIXDOWNという形か、もしくはiPhoneを簡易16トラックのフロントエンド録音機材として利用し、最終的にはPC側のDAWで仕上げるという使い方になると思います。

個人的には、iPhone内部で完結できることを望みます。

2010年Q1にバージョンアップが予定されているようなので、次回の進化が楽しみです。
Forumでいろいろ状況が確認できるので参考にされると良いと思います。
全てStereo で16トラックということは、最大32チャネルを扱えるってことのようです。

抜群の安定感

じてし

一度も問題が生じてません。
デモ録りに重宝しています!

情報

販売元
Hamilton Feltman
サイズ
24.2MB
カテゴリ
ミュージック
互換性
iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
ドイツ語、フランス語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2017 Harmonicdog
価格
¥1,200
App内課金有り
  1. Add 16 Stereo Tracks ¥960
  2. Add 8 Stereo Tracks ¥720

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ