iPhoneスクリーンショット

説明

「英語脳」を作るための「脳トレジム」です。「英語脳」の別の「筋肉」を鍛える6つのトレーニングマシーンで日頃トレーニングして、「英語脳」の「神経回路」が作られる画期的なアプリです。

日本トップクラスの英語講師であるニック・ウィリアムソンが、最短距離で英語脳を作る画期的なメソッドを作りました。細かい文法を考えずに、文法的に正しい、尚且つ自然な英語が話せるようになりたい人はこのメソッドが1番です。教室に来られない人のために、教室でやっているドリルや練習をアプリ化しました。アプリ内で、ニック先生による分かりやすくてためになるレッスン動画を観て、その後、6つのトレーニングマシーンで、どんどん発信する練習を重ねていきます。

英語が話せるようになるためには、英語をどんどん発信することが欠かせないです。ネイティブが言った文をリピーティング するだけでも、少しは効果があります。特に耳と口を慣らすのにいいですね。でも、自分で文を組み立てるようになりたいなら、自分で文を組み立てる練習も必要です。

「ニック式英会話ジム」では自分がパーツを組み立てて作った文、テンプレートに沿って、英語の思考回路に沿って自分が作った文を、ネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングします。発音の練習と文作りの練習を同時にできます。英語の思考回路を脳に焼き付けることができて、ネイティブのような自然な英語が話せるようになります。

それでは、6つのトレーニングマシーンを紹介します:

1. 「置き換え」
このマシーンが一番シンプルですが、とっても効果的です。
たとえば「How old are you?」の「old」を別の単語に置き換えて「How hungry are you?(どれくらいお腹空いているの?)」「How sick are you?(どれくらい具合悪いの?)」「How confident are you?(自信のほどは?)」などと、新しい表現を作っていきます。1つの表現を覚えて1つで終わらせずに、簡単な置き換えで言えることが何十倍になります。言語を学ぶ上で、この「置き換え頭」が大変ためになるスキルです。日本語に合わせて表現を作ろうとせずに、このように英語の表現に合わせて応用する頭になります。そのスキルを養うトレーニングマシーンです。「形容詞」を置き換えたり、「名詞」を置き換えたり、「動詞」を置き換えたりすることができます。

2. 「A+B」
2つのパーツ、2つの決まっているフレーズを「A+B」のように組み合わせます。
たとえば「I was going to(するつもりだった)」という塊と「change jobs(転職する)」という塊を組み合わせて「I was going to change jobs.(転職するつもりだった)」と文を作っていきます。又、「一般」「仕事」「遊び」「恋愛」「家事」など、いろんなカテゴリーが選択できます。動詞の原形が続く表現、動詞のing形が続く表現、動詞の過去分詞が続く表現などといろんな表現がありますが、アプリがすべて正しい形に変換してくれるので、間違った文を作ることは不可能です。自分が作った文をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングします。脳と口を同時に慣らすことできます。このマシーンだけで60,000組み合わせも可能です。「学習」モードと「テスト」モードがあります。

3. 「3 STEP」
ネイティブと同じ思考回路で短文を作りましょう。
特に時制の使い分けに関しては、日本語と英語は全く違います。つい日本語に惑わされないように、3ステップのテンプレートに沿って考える「英語の思考回路」を身につけましょう。日本語に囚われているからこそ、苦労もしますし、不自然な英語になります。本当の英語はもっともっと簡単です。日本語をヒントにせずに、内容で判断しながら3つのステップに沿って文を作ります。日本語英語よりも楽に、ネイティブ感覚の英語になります。そして、日本語から訳さずに、最初から英語で考えられるようになります。自分が作った文をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングしましょう。このマシーンで作られる文は20,000ほどあります!「フラッシュカード」「学習」「テスト」と3つのモードがあります。

4. 「Q」
瞬時に質問ができるスキルを身につけましょう。
質問することが会話の大切な1部です。しかし、質問がしたくても「何と言えばいいんだろう?」と考えているうちに会話がどんどん進んでしまって、聞きそびれることが多いですよね。聞きたい質問をすぐに言える必要があります。すぐに言えるようになるには、質問をシンプルに意識しましょう。たとえば「did you」「is he going to」「do you want to」などを「塊」として覚えて、その「塊」を「Where … go?」「What time … get up?」などの間に入れ替えて、シンプルに質問を組み合わせます。組み合わせた質問をネイティブが読んでくれるので、それをリピーティングしましょう。

5. 「A」
英語でされた質問に対して、反射的に英語を英語で返せる「反射神経」を作りましょう。
ほとんどの人は、英語で質問をされた時に、日本語に訳して理解して、そのあと、「動詞のチョイスは何?」「時制はどうする?」「活用はどうなる?」「前置詞は必要?」などといろんなことを考えながら1から答えを作ろうとします。それでは、難しい上に、時間がかかりすぎて会話に付いていけないですね。実は、1度日本語にせずに、文法を考えずに、正しい英語で反射的に答えられるテクニックがあります。このマシーンでは、反射的に英語を英語で返す「反射神経」を作っていきます。アプリがどんどん質問をしてくるので、それを反射的に返していきます。「時制」を個別に練習することもでき、又は「ランダム」モードでは「時制」をごちゃ混ぜにして練習することもできます。「ランダム」モードでは、アプリと本当に会話している感覚で、本当の会話にかなり備えられます。

6. 「音読」
これが1番すごいトレーニングマシーンです。
発音をネイティブに近づけることでリスニングができるようになりましょう。
聞き取りができるようになるためには、自分の発音をネイティブに近づけることです。発音の解説動画でコツを掴み、「会話例」を通して、聞き取りの練習や発音の練習をいろんな角度からやっていきます。各会話例は7ステップで練習を進めていきます。特に「タッチ&リリース」機能がおすすめです。長い文をリピーティングするのは大変ですが、短く始まって、少しずつ繰り返す範囲を伸ばしていくと、長い文でもできるようになります。「タッチ&リリース」では画面に触れて音声が始まり、画面から指を離すと音声が止まります。つまり、リピーティングする範囲を自分で決められます。「A役」「B役」を選んで、アプリと一緒に「会話例」を音読する練習もします。録音して、自分の発音を確認することもできます。更に、会話例で使われている「文法」と「時制」を「色分け表示」で見ることもできて、とても分かりやすいです。会話例は130もあり、それを「文法別」「シチュエーション別」で検索も可能です。

新機能

バージョン 1.0.2

否定形で正しく発音されない問題の修正

評価とレビュー

4.3/5
16件の評価
16件の評価
Nob024

困ってる

動画も見れないしスキップして学習も出来ない

john shota

良い。

A+BのTYPE3にあるI'veの項目だけ落ちてしまう。
直してくれ

バイブル

I以外の否定文

don't やdoesn'tが全く発音されないのはいいのか?
ネイティブは発声しないでいいんですか?

情報

販売元
INSTYLE Inc. Japan
サイズ
428.9MB
カテゴリ
教育
互換性

iOS 11.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

言語

英語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© INSTYLE GROUP
価格
¥3,000

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

他のおすすめ