スクリーンショット

説明

OmniOutliner 3 for iOS では、OmniOutliner Essentials が導入されてより広範囲のオーディエンスに構造化ライティングを提供できるようになったほか、OmniOutliner Pro に待望の機能が追加されました。どちらも無料でお試しいただけます!

無料体験版(アプリ内課金を通じて入手可能)

2 週間の無料体験版を使えば、Essentials と Pro のすべての機能をお試しいただけます。体験期間後も、そのまま無料で OmniOutliner を開き、書類を表示できます。

ESSENTIALS エディションの機能(アプリ内課金を通じて入手可能)

- ダークモード:OmniOutliner の UI が書類の背景色に合わせて変化します。
- ドラッグアンドドロップ:テキストを書類にドラッグできます。また、行を書類間で、または他のアプリにドラッグすることも可能です。
- キーワードフィルタ:ツールバーにある新しいフィルタアイコンを使うと、キーワードでアウトラインをフィルタリングできます。
- 簡素化されたインスペクタ:新たに設計された Essentials のインスペクタから、シンプルな書類/テキストスタイルオプションにアクセスできます。
- 改善されたアウトラインビュー:行ハンドルやステータスチェックボックスが行のインデントレベルに従うようになりました。
- 最近使った書類:ローカル保存した書類も、OmniPresence や iCloud などの別のサービスを通じて同期した書類も、最近編集したすべての書類が一箇所に表示されます。
- テンプレート:テンプレートを選択するか、OmniOutliner の新しいテンプレートピッカーを使用して既存の書類にテーマを適用します。
- プリント:共有メニューの新しいプリントオプションを使って書類をプリントできるようになりました。
- PDF:新しい PDF フォーマットオプションを使って、作成した書類の PDF 版を送信できます。
- 1Password:OmniPresence のアカウント設定で 1Password 統合機能を利用できます。
- 新しいファイルフォーマット:OmniOutliner 3 for iOS は、OmniOutliner 5 for Mac により導入された新しい .ooutline フォーマットを採用しています。これはサードパーティのクラウド同期プラットフォームとの互換性がより高いフラット(zip 圧縮)ファイルです。
- OPML モード:OPML ファイルを編集するとき、このファイルフォーマットでサポートされていない機能は非表示になるか、無効になります。
- Pro 書類との互換性:Pro 機能を含む書類は Essentials で完全に表示することができます。また、Essentials には、Pro のコンテンツをすべて削除した状態の書類をインポートするためのオプションもあります。

PRO エディションの機能(アプリ内課金を通じて入手可能)

OmniOutliner Pro 3 には Essentials の優れた新機能すべてと OmniOutliner 2 のあらゆる機能に加え、以下の機能が含まれています。

- Omni 自動化:JavaScript を使ったクロスプラットフォームのスクリプト作成機能。
- フォーカス:セクションリストが追加されたことで、概要を把握し、特定の領域にフォーカスできるようになりました。
- ステータスバー:フォーカスまたはフィルタリングしたとき、コンテンツが非表示になっていることを知らせるステータスバーが表示されます。また、このステータスバーからアウトライン全体に簡単にアクセスできます
- ドラッグアンドドロップ:テキストのほか、イメージや他のファイルも書類にドラッグできます。
- フィルタ:キーワードフィルタを作成して保存できます。OmniOutliner 5 Pro for Mac と同期している場合は、Mac 版 OmniOutliner で作成された高度なフィルタを適用することもできます。
- 最適化されたインスペクタ:コンテンツインスペクタとテキストスタイルインスペクタが、小型の iOS デバイスの場合は統合化ビューに、大型の iOS デバイスの場合は統合化サイドバーとして開くようになりました。これにより、インスペクタの内容にアクセスしやすくなりました。スペースがある場合は、インスペクタサイドバーが画面上にずっと表示されているため、書類に複数の変更を簡単に加えることができます。
- アウトライン列:複数の列を含む書類内のどこにでもアウトライン列を配置できるようになりました。
- Excel & Powerpoint への書き出し
- パスワードの暗号化:AES-256 暗号化を使って書類を保護するためのパスワードを追加できます。
- 新しいファイルフォーマット:.ooutline ファイルはデフォルトで zip 圧縮されますが、シナリオなどの場合は、バージョン管理などの目的でパッケージファイルを利用することも可能です。
- OPML モード:書類インスペクタで OPML ファイルのメタデータを編集したり、テキストエンコーディングを設定したりできます。

ビデオチュートリアルやその他の情報については、弊社の Web サイトをご覧ください!

不明な点やご意見などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。The Omni Group では無料の技術サポートを提供しております。お問い合わせには、メール(omnioutliner@omnigroup.com)、お電話(1-800-315-6664 または +1-206-523-4152)、あるいは Twitter(@omnioutliner)をご利用いただけます。

ありがとうございます!

新機能

バージョン 3.1

OmniOutliner 3.1 では、テキストに取り消し線スタイルを適用できる機能が追加され、検索可能なアプリ内リファレンスマニュアルが導入されたほか、最もよく報告されていたクラッシュ問題も修正されました。また、このリリースには、他の多くのバグ修正や強化機能も含まれています。

• スタイル:フォントインスペクタで取り消し線が利用できるようになりました。
• マニュアル:OmniOutliner 3 Essential および Pro 用のリファレンスマニュアルが検索可能なアプリ内ビューアを通じてオフラインで使用できるようになりました。
• リーダーモード:無料のリーダーモードで新規書類を作成しようとすると、アプリ内課金の画面が表示されます。
• 一般:いくつかのエラー報告機能が更新されて、問題を診断するのに役立つより多くの情報が含まれるようになりました。また、不要だった複数のエラーが表示されなり、見れば分かるような明白なエラーの報告機能は削除されました。
• 暗号化:フラットフォーマットの .ooutline ファイルに指定されているパスワードのヒントが同期に適した方法で保存されるようになりました。
• バッチ検索:バッチ検索の結果を選択すると、必ずそのアウトラインの行またはメモが表示されるようになりました。
• iPhone SE:アウトライン列の自動サイズで使われていた最小幅がわずかに細くなり、縦向きの iPhone SE の幅に収まるようになりました。
• ドラッグアンドドロップ:CSV、.txt、.rtf、.md ファイルおよびその他の標準テキストファイルをドラッグアンドドロップ操作でアウトラインに添付できます。
• オーディオ録音:テーマを適用しても、進行中の録音には干渉しなくなりました。
• 一般:ビューの上部または下部近くの行を編集し始めたときの自動スクロール動作が改善されました。
• iPhone X:iPhone X に関する些細なレイアウト問題が修正されました。
• 書き出し:HTML および HTML(ダイナミック)フォーマットで Photoshop ファイルがインラインで表示されることがなくなりました。
• キーボードショートカット:増加/減少のキーボードショートカットは Pro 機能であるため、Essentials モードでは無効になりました。
• キーボードショートカット:編集時にキーボードショートカットオーバーレイに名前付きスタイルのショートカットが表示されなくなりました。名前付きスタイルを一連のテキストに適用するのは Pro の機能です。
• 安定性:無料のリーダーモードでアプリの 3D Touch メニューから新規書類オプションを使用したときにクラッシュしていた問題が修正されました。
• 安定性:行が選択されていない状態でデバイスを回転した後、メモボタンをクリックするとクラッシュしていた問題が修正されました。
• 安定性:テーマピッカーが表示されている状態でテーマを適用した後、「取り消し」を使うとクラッシュしていた問題が修正されました。
• 安定性:インターネット接続がない状態で「無料体験版を使い始める」オプションを使用するとクラッシュしていた問題が修正されました。
• 安定性:書類が開いている状態で OmniOutliner をバックグラウンドで動作させてから再びアクティブにしても、クラッシュしなくなりました。
• 安定性:書類インスペクタが開いているときに列または名前付きスタイルの数を変えるような同期操作が入ってきても、クラッシュしなくなりました。
• 安定性:iPad で特定のインスペクタパネルが表示されているときに分割表示モードのサイズを変更するとクラッシュしていましたが、この問題は修正されました。
• 安定性:行の末端に添付ファイルをドロップするとクラッシュしていた問題が修正されました。

不明な点やご意見などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。The Omni Group は無料の技術サポートを提供しております。メール(omnioutliner@omnigroup.com)、お電話(1–800–315–6664 または 1–206–523–4152)、または Twitter(@OmniOutliner)でお問い合わせください。

OmniOutliner がお客様のお役にたちましたら、ぜひ App Store でのレビュー投稿をお願いいたします。お客様からいただいたレビューは、他の人々に OmniOutliner を検討していただく上で役立ちます。

評価とレビュー

1.9/5

7件の評価

7件の評価

コレは使えるというレベルの話しではない。

fujimutech

Ipadで使っているが全く使えない。反応すらしない。フリーズしまくり。高いお金を払って購入しているのにコレは酷すぎる。お金返して欲しい。まだversion2の方が使えた。

行が広すぎる

さとうさん二号

一行一行が大きすぎるため
空白ばかりで一度に項目を全然表示できず
まったくもって使いにくい

表示範囲が狭い

Hortaro

iPhoneでは行間が広く一覧性が悪すぎます。
Mac版は素晴らしいのですが。

情報

販売元
The Omni Group
サイズ
57.5MB
カテゴリ
仕事効率化
互換性
iOS 11.2以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
日本語、イタリア語、オランダ語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、ロシア語、簡体字中国語、英語、韓国語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2011-2018 The Omni Group
価格
無料
App内課金有り
  1. Free Trial 無料
  2. Upgrade to v3 Pro ¥2,400
  3. Unlock Essentials ¥1,200

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ