スクリーンショット

説明

macOS Serverを使えば、Mac、iPhone、iPad、およびApple TVデバイスやネットワーク・ストレージ・ボリュームの構成および監視が簡単になります。

macOS Serverには以下の機能が搭載されています:

プロファイルマネージャ
• iOSデバイス、macOSデバイス、およびtvOSデバイス用のモバイルデバイス管理
• Volume Purchase Programで購入し、所属団体にライセンスされたAppとブックをユーザやデバイスに配布
• iOS 10およびmacOS 10.12を搭載するデバイスにソフトウェア・アップデートをインストール
• Device Enrollment Programとの統合
• ウェブベースの管理コンソール
• パスコードの解除、リモートロックとリモートワイプができるセルフサービスのユーザポータル

Xsan
• 読み取り/書き込みの同時アクセスに対応するブロックレベルのSANファイル共有
• Xsanボリュームのホスティングと構成
• ボリューム管理、ストレージプール、ストライピング、ボリュームマッピング
• リアルタイムの監視、グラフ表示、イベント通知
• メタデータコントローラのフェイルオーバーとファイルシステムのジャーナル記録

Serverアプリケーション
• ローカルおよびリモート管理
• ユーザとグループの設定
• サーバの使用状況をリアルタイムでグラフ表示
• ネットワークの変更、証明書の有効期限切れ、ストレージの使用状況などについての通知を受信

Serverを新規でインストールすると以下のサービスは非表示になりますが、以前のバージョンのServerからアップグレードしたお客様は通常通り使用できます:

• カレンダーサーバ
• 連絡先サーバ
• DHCP
• DNS
• メールサーバ
• メッセージサーバ
• NetInstall
• 仮想プライベートネットワーク
• Webサイト
• Wikiサーバ

これらの機能は次回のServerのメジャーリリースで削除されます。

一部の機能には、Apple IDまたはインターネットアクセス、 あるいはその両方が必要です。その場合、追加料金および条件が適用されます。一部の機能にはプログラム登録が必要です。機能によってはご利用になれない国があります。

新機能

バージョン 5.6.1

Serverアプリケーション

Appleではこの秋、オープンソースサービス(カレンダーサーバ、連絡先サーバ、メッセージサーバ、メールサーバ、DNS、DHCP、VPNサーバ、およびWebサイト)のmacOS Serverでの提供を廃止する予定です。お客様には、これらのサービスをオープンソースプロバイダから直接取得していただくよう案内していきます。詳しくは、https://support.apple.com/ja-jp/HT208312 を参照してください。

その提供廃止に備えて、これらのサービス(macOS Server 5.6にはまだ含まれています)が新規インストール環境ではServerアプリケーションのサイドバーに表示されなくなります。既存のインストール環境をmacOS Server 5.6にアップデートした場合は影響なく、そのまま通常通り動作します。

その他のmacOS Serverの機能(Open Directory、プロファイルマネージャ、Xsan管理など)の開発は今後も継続され、サポートされます。

プロファイルマネージャ

新しい制限、ペイロード、 およびコマンドに対応:

macOS 10.13.4
• ソフトウェア・アップデートの延期を1~90日間の範囲で構成(デフォルトでは30日間)
• アプリケーションのテスト用にアクセシビリティAPIへのアクセスを構成
• Bluetoothの有効化/無効化
• カーネル機能拡張のアクセス権の構成
• コンテンツキャッシュの構成
• Device Enrollment ProgramでiCloudストレージをスキップするオプション

iOS 11.3
• ユーザに対する新しいソフトウェア・アップデートのUI表示を延期(監視対象のみ)
• ソフトウェア・アップデートの延期を1~90日間の範囲で構成(デフォルトでは30日間 - 監視対象のみ)
• ScheduleOSUpdateがオプションでバージョン番号に対応し、対象となる特定のiOSバージョンをインストール可能(監視対象のみ)
• Bluetoothの有効化/無効化(監視対象のみ)
• 自動入力時にFaceID認証を要求(監視対象のみ)
• 教師が作成した“クラスルーム”のクラスを退席するときに教師の許可を要求(監視対象のみ)
• ホワイトリストされたデバイスからのリモート接続を制限(監視対象のみ)
• AlwaysOn VPNがCellularServicesサービスの例外に対応
• Device Enrollment Programで“プライバシー”パネルをスキップするオプション
• デバイスを消去するコマンドでは、設定アシスタントでの近くのデバイスによる設定を禁止することが可能

tvOS 11.3
• ムービーの制限指定、テレビ番組の制限指定、アプリケーションの制限指定、不適切なコンテンツを構成
• Device Enrollment Programで“このApple TVをどこに設置しますか?”をスキップするオプション

評価とレビュー

2.1/5

12件の評価

12件の評価

使い物にならない

まっきんとっしゅ0000123

正直使い物になりません。
お遊びでサーバーまがいなものを立てるくらいなら良いですが、
まともに使おうとすると、何をやっても不具合連発でつかいものになりません。
あくまで「お遊び用」です。

ようやく

nobitaxyz

sierraに初めてサーバを入れようと購入。
別の方も書かれていますが、「古いバージョンからやり直せ」となり orz
ダメ元で、『データを引き継がずにサーバをアップデートする』にあった、「Server app」と「/ライブラリ/Server」をゴミ箱に移動。
次に再度storeよりserverをインストールすると、無事serverをsierraに導入できました。

なかなか、初心者の私にはわかり辛い項目でしたので、1か月ほど悪戦苦闘していましたが、
無事新規インストのsierraに入れることができ、目的達成です。

ゆっくり、サーバを設定したいと思います。

WHS2011とserver5.3を動的IPでの共存ですので
ポートの変更やら何やらで色々勉強しなければなりません。

6年間本当にお世話になりました

Dr.Oxton

I have never met such as a powerful and also wonderful app like it。Thanks always。

情報

販売元
iTunes K.K.
サイズ
194.3MB
カテゴリ
ユーティリティ
互換性
言語
日本語、イタリア語、オランダ語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2017 Apple Inc.
価格
¥2,400

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp