スクリーンショット

説明

Parallels Desktop Lite により、 Mac で Windows、Linux およびそれらのアプリケーションを簡単に実行できます。

オペレーティングシステムを切り換えたり、Mac、Windows、Linux の間でアプリケーションを切り換えたりするときに、Mac を再起動する必要はありません。Internet Explorer®、Visio®、TradeStation®、さらに Mac では利用できない他の Windows や Linux のアプリケーションを Pages® や Keynote® などの Mac アプリケーションと同じく、同時に使用できます。開発者からもっとも支持されている Mac 仮想化ソフトウェアを利用できます。

ライセンス:
•Linux仮想マシンをダウンロードして実行する - 無料
•macOS®仮想マシンのインストールと実行 - 無料
•Windows仮想マシンのインストールと実行 - 自動更新可能なサブスクリプションのアプリ内購入が必要(1年間)
14日間の無料トライアルオプションを評価に使用できます

注:Windows は別途の購入となります。

Parallels Desktop Lite を使用して、Mac で次のオペレーティングシステムを実行できます。
• Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista®、Windows XP
• 大部分の Linux ディストリビューション
• macOS High Sierra 10.13、 macOS Sierra 10.12、 OS X El Capitan 10.11、OS X Yosemite 10.10、OS X Mavericks 10.9、OS X Mountain Lion 10.8、OS X Lion 10.7x

注:既存の Parallels Desktop® for Mac ユーザーには、Parallels Desktop Lite への移行は推奨されません。

Parallels Desktop Lite に十分ご満足いただけることを願っております。何らかの問題や懸念事項がございましたら、parallels.com/products/lite/support/ までお問い合わせください。
生産性を飛躍的に向上させる、Mac と Windows のシームレスな統合機能をお届けいたします。次の機能などが含まれています。

• Windows アプリケーションの Mac のジェスチャーによる操作。
• Mac と Windows の間の時刻同期。
• マウスの同期により、Mac OS、Windows、Linux の間でのマウスによるシームレスな移動が可能。
• Mac と Windows の間での書式付きテキストのコピーアンドペースト。
• Mac と Windows の間でのファイルのドラッグアンドドロップ。
• デスクトップ、書類、ダウンロードなどの Mac のフォルダを Windows と共有してファイルの重複をなくし、Mac の貴重なディスクスペースを節約。
• Windows の任意の解像度にウインドウをリサイズ。
• DirectX® 10.1 に引き上げられた 3D グラフィックアクセラレーション。
• Windows での Mac のプリンターの使用。
• Mac の位置情報を Windows と共有。

Privacy Policy: https://www.parallels.com/about/legal/privacy/
Terms of Use: https://www.parallels.com/about/legal/terms/

新機能

バージョン 1.3.3

一般的な改良点
•スクリーンショットやその他のファイルを技術データレポートに添付できるようになりました。
•MacBook の蓋を閉じた後再度開いた時に、仮想マシンで音声が再生されない問題を解決しました。
•[常にバックグラウンドで準備完了] オプションを選択して仮想マシンを起動すると、画面のリフレッシュレートが低下する問題を解決しました。
•Dock からゲスト OS アプリケーションを起動した後に Parallels Desktop コントロールセンターが表示される問題を解決しました。
•仮想マシンで ~/§±£`Ð 記号が正しく入力されない問題を解決しました。

Windows のサポート
•Windows Update のインストール後に Windows が不均等に拡大縮小される問題を解決しました。
•フルスクリーンの Windows でガンマ設定が変更される問題を解決しました。
•Windows 10 で + キーを押しながら “コマンド” キーを押し、その後で “C” を押すと、グレースケールモードが意図せずに有効になる問題を解決しました。
•Windows 仮想マシンで場合によって発生する以下の問題を解決しました。
- ログインに時間がかかる
- スタートメニューが応答しない
- 一部のアプリケーションでキーボードが使用できない。
•Windows 10 搭載の Boot Camp 仮想マシンで Parallels Tools がインストールできない問題を解決しました。
•Windows と共有する iCloud にアプリ関連フォルダーが表示されない問題を解決しました。
•Visual Studio 2013 から起動したアプリケーションのアイコンが Dock に表示されない問題を解決しました。
•Mac 用の MS Word 2011 が doc/docx ファイルを C:\ ドライブに読み取り専用モードでしか保存できない問題を解決しました。
•Boot Camp パーティションをセカンドディスクとして仮想マシンに追加できない問題を解決しました。
•ゲスト OS から共有フォルダーにアクセスする際に、Windows が凍結するというまれな問題を解決しました。
•Google Chrome>Google Maps で特定のアドレスを検索すると Windows 10 がクラッシュすることがある問題を解決しました。
•Visual Studio で TwinCAT 3 を起動すると Windows がクラッシュする問題を解決しました。
•Skype for Business で共有カメラが機能しない問題を解決しました。
•Battlefield 3 のグラフィックスアーチファクトに関する問題を解決しました。
•Tekla Structures で画像をズームしたときのグラフィックスアーチファクトに関する問題を解決しました。
•PaintShop Pro が Mac で開かず、[このアプリケーションで開く] メニューで使用できない問題を解決しました。

Linux のサポート
•Ubuntu 18.04 をサポート。
•Parallels Tools のインストール後に Ubuntu 14.04 が起動できない問題を解決しました。
•Linux カーネル 4.15 で prl_eth ドライバーをコンパイルできない問題を解決しました。
•Kali Linux 2018.1 で Parallels Tools がインストールできない問題を解決しました。
•Red Hat 7.5 で Parallels Tools がインストールできない問題を解決しました。

macOS のサポート
•MacOS 10.8 および 10.9 仮想マシンで iTunes が突然終了する問題を解決しました。
•MacOS 10.13.3 仮想マシンに Parallels Tools をインストールできない問題を解決しました。
•MacOS 10.13.4 仮想マシンがスリープ状態から復帰したときにフリーズする問題を解決しました。
•MacOS 10.13.3 仮想マシンを MacOS 10.13.4 にアップグレードできない問題を解決しました。
•Parallels Tools が macOS High Sierra 仮想マシンで機能しない問題を解決しました。

評価とレビュー

3.8/5
9件の評価
9件の評価

課金してから画面が白黒に。

HISAMAC

いいアプリと思い支払を済ませた所、画面が急に白黒になり戻らない。早急に戻す方法を教えていただきたい。元に戻れば星5とします。
早く対応をお知らせ下さい。直らないと毎日がすっきりとしません。

デベロッパの回答

こんにちは、ありがとうございます。 私たちはあなたが持っている問題を知って非常に残念です。 dg@parallels.comまでメールをお送りください。サポートチームがフォローアップを行います。
よろしくお願いいたします。Parallels

Windows 10

ごっついカプコン

僕が求めていたのはこれです。boot Campは再起動が必要だし、VMwareは重い。再起動も必要なくて軽いこのParallels Desktopは最高です。後、windows xpとかvistaなどは無料になった方がいいと思います!!

デベロッパの回答

こんにちは、レビューをいただきありがとうございます - それは私たちにとって非常に重要です! ありがとう、Parallelsチーム

見つけにくい動作要件:Late 2011以降のMac本体

名前なんて単なる記号です

右上にあるリンク、「Parallels Desktop Liteのサポート」をたどって、
FAQの中の、What are Parallels Desktop Lite system requirements? の答えに、See KB123800.とだけ書かれている。
リンク先のナレッジベース記事中に詳しい動作要件が書かれており、
その中のハードウェア要件に、「Late 2011 or newer Mac」と記述があり、つまり、Late 2011以降のMac本体が必要なのである。

確かにMac Proでも Mid 2010ではOSがHigh Sierraでも「互換性がありません」と怒られ動作せず、Mid 2012だと動作するのである。
ハードウェアのアーキテクチャで判断しているのではなく、製造年度で判断しているのである。

おそらくCore 2世代の本体を一律に排除するのが目的なのだと思うが、
アーキテクチャがCore i世代でほぼ一緒なのに、しかもCPUは仮想処理が得意なXeonなのに、Mac ProのMid 2012だと動作して、Early 2009とMid 2010で動作しないのはあまりにも理不尽だと思う。

2018/Jan/07 追記

丁寧なご回答ありがとうございました。

なるほど、このアプリの根幹をなす、MacOS自体に実装されているHyperVisorがLate 2011以降の本体でないと動作しないようにしているのはAppleの方だ、ということですね。

動作要件で補足がある場合は、App Storeのアプリ説明にも記していただけないでしょうか?
右欄の情報:互換性の部分に「OS X10.11.5以降、64ビットプロセッサ」と表記されているだけでは、2017年3月6日付のNorthernstoneさんのレビューのように、本体年式で制限されている方々が「自分のMacではどうして動作しないのだろう?」と悩み続けることになります。私もその一人でした。

以下はParallels様へではなくAppleへの意見というか愚痴になりますが。

2017年末のiPhoneの件でAppleは、
「お客様による製品の買い替えを促すために、私たちが意図的にApple製品の寿命を縮めたり、お客様の体験が損なわれるようにしたことはこれまでに一度もなく、今後も決してない」
と言っているようですが、
ハードウェアには動作する能力があるのに、発売年度だけで新OSやその構成要素の一部動作を制限するのは、意図的な製品寿命の短縮・体験の損失ではないというのでしょうかね?

デベロッパの回答

こんにちは! ご意見ありがとうございます。 Parallels Desktop Liteのシステム要件は次のとおりです。
2011年後半またはそれ以降のMac
4 GBのメモリ(8 GB推奨)
Parallels Desktopインストールのブートボリュームに850 MBのディスク容量(Macintosh HD)
仮想マシンの追加ディスク容量(インストールされているオペレーティングシステムによって異なります)
インターネット接続
OS Xエルキャピタン10.11.5以降
これは、Parallelsのものではなく、アップルの限界です。
ハイパーバイザーは、2011年後半のMacでのみ利用可能です。
お使いのMacが2011年よりも古い場合、残念ながら、Parallels Desktop Liteは動作しません。
よろしくお願いいたします。Parallels

情報

販売元
Parallels International GmbH
サイズ
234.5MB
カテゴリ
ビジネス
互換性
言語
日本語、イタリア語、スペイン語、チェコ語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、ポーランド、ロシア語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2016-2018 Parallels International GmbH. All rights reserved.
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp