iPadスクリーンショット

説明

小学校2年の算数における子どもたちの学習を支援するアプリです。
用意された棒やカードのオブジェクトをiPad上で操作しながら、自分で考えたり、友だちに説明したり
することができます。

「ひき算のひっ算」は、以下の3つの内容で構成されています。

○ぼうでひっ算
2位数のひき算の計算をするとき、10の束とバラの棒に分けて表し、計算の仕方を考えたり説明した
りするツールです。
また、こうした活動を通して、ひき算の筆算の方法を理解することができるツールです。
10の束を1本ずつの棒のバラに分けることができ、繰り下がりの計算の仕方についても考えたり説明
したりすることができます。

○カードでひっ算
ここでは、棒の代りにカードを使って、2位数のひき算の仕方を考えたり、説明したりすることができ
ます。
また、こうした活動を通して、ひき算の筆算の方法を理解することができます。

○ひき算のひっ算
ここでは、より難しいひき算の筆算のやり方について考えたり、説明したりすることができます。


〈主な特長〉

iPad上での具体的な操作は、子どもたちが問題解決のための道筋を目に見える形で、様々に試行錯誤す
ることを可能にします。
iPadを机の上において自分の考えた道筋を、隣の友だちに説明したり、専用のケーブルで電子黒板やプ
ロジェクターなどに接続して、クラス中の子どもたちに説明したりすることもできます。
※iPad1では、接続できません。


〈主な機能〉

【学習モード】
「ひき算のひっ算」は、各内容の中で学習の進め方に合わせて「きほん」「はってん」の2つのモードに分
かれています。

【道具箱】
初めから画面上に用意された「道具」とは別に「道具箱」の中にも棒やカードが用意されていますので、
取り出したり、しまったりしながら自分で問題を作ることもできます。

【台紙】
背景の台紙は、用途に合わせて様々なものを用意しています。学習の目的や進め方に合わせて、自由に選
ぶことができます。

【うごかすモード】
配置されている棒やカードを動かしたり、道具箱から新たに棒やカードを取り出したりすることができま
す。また、取り出した棒やカードをしまうこともできます。
繰り下がりのときに、10の束を1本ずつの棒に分けることができます。カードについても同様のことが
できます。

【かくモード】
指を使って文字や数字を書いたり、消したりすることができます。
色や太さも選ぶことができます。


決まった使い方はありませんので、授業の展開や子どもたちのアイディアに合わせて、自由にお使いいた
だけます。


〈QB説明〉算数シリーズは、学習指導要領に基づき、今後も領域や学年別の指導に合わせたツールとして、
ラインナップを増やしていきます。

新機能

バージョン 1.0.2

細かな不具合を修正いたしました。

情報

販売元
Suzuki Educational Software Co.,Ltd.
サイズ
9MB
カテゴリ
教育
互換性
iOS 5.1.1以降。iPad対応。
言語
日本語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© スズキ教育ソフト株式会社
価格
¥600

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ