スクリーンショット

説明

【ScanSnap Cloudとは】
ScanSnap Cloudは、パーソナルドキュメントスキャナScanSnapを使って、スキャンした様々な紙を、各種クラウドサービス(会計・個人資産管理/名刺管理/ドキュメント管理/写真管理)に、すばやく簡単・きれいに登録できるサービスです。
本アプリケーションを使えばScanSnap Cloudを使うための設定や、使用中の状況が簡単に確認できます。

【必要環境】
ScanSnap Cloudのご利用にあたり、次のものが必要です。
●ScanSnap iX500 または iX100
●インターネットに接続できるWi-Fi環境
●連携してご利用したいクラウドサービスのアカウント

【連携できるクラウドサービス】
ScanSnap Cloudは、次のクラウドサービスと連携できます。
最新情報は、ScanSnap Cloud紹介ホームページを参照ください。
●会計・個人資産(Concur Expense, Crew, Dr. Wallet, freee, MFクラウド会計, STREAMED, TKC証憑ストレージサービス, 弥生会計)
●名刺(Eight)
●ドキュメント(Box,Dropbox, Evernote, Google Drive, OneDrive)
●写真(Google Photos)

【ScanSnap Cloudの特長】
●本アプリケーションで初期設定を行えば、ScanSnapのスキャンボタンをワンプッシュするだけで、ScanSnap Cloudがスキャンしたデータを自動的に分類し、ご希望のクラウドサービスに登録することができます。

※iX500の場合、購入時期によりSSID および SECURITY KEY を記載したラベルがないものがあります。この場合は、必ずコンピュータに接続して初期設定を行ってください。
コンピュータを利用して初期設定した後は、本アプリケーションをインストールしてScanSnap Cloud の機能を使用できます。

●ScanSnap Cloudは、対応するScanSnap本体とインターネットに接続できるWi-Fi環境があれば、コンピュータやスマートフォン、タブレットがなくても、スキャンしてクラウドサービスにイメージデータを登録することができます。
(初期設定を含む設定作業を行う時には、コンピュータ、スマートフォンまたはタブレットが必要です。)
●読み取る紙の種類を自動的に識別し、レシート/名刺/写真/文書の4種に分類します。そのうえで分類毎に登録されたクラウドサービスにイメージデータを自動登録します。
●紙のサイズ、向き、両面/片面、カラー/モノクロを自動的に判別して最適なイメージデータを生成します。
●スキャンしたイメージデータに自動的にわかりやすいファイル名を付けることができます。ドキュメントに記載されている日付やタイトル、名刺の会社名や名前、レシートの日付などから自動的にファイル名が生成されます。
●ScanSnap Cloudがイメージデータを受け付けたタイミングと、連携先のクラウドサービスにイメージデータを登録するタイミングで、本アプリケーションが結果を通知します。
●スキャンしたデータはScanSnap Cloud上に2週間保持されます。ご利用のクラウドサービスがメンテナンス等ご利用できない場合、また誤ってご希望以外のサービスに分類/登録された場合、本アプリケーションから改めてご希望のクラウドサービスにイメージデータを登録することができます。

※ScanSnap Cloudは、スキャンしたデータを高度な解析技術で自動処理していますが、紙の内容によっては誤った処理が発生する恐れがあります。スキャン後ご希望のクラウドサービスにきちんとイメージデータが登録されているか確認することをお勧めいたします。

●スキャンしたデータをScanSnap Cloud上で自動的に検索可能なPDF(OCR処理)に変換することができます。これにより原稿から抽出された文字列で、後から検索などを行うことができます。

※読み取った原稿の条件によっては正しく文字が認識できない場合があります。

●本アプリケーションを利用して、スマートデバイスのカメラ機能で撮影したイメージデータを、ScanSnap Cloudを経由して設定されているクラウドサービスに登録することができます(カメラ機能はiX500またはiX100をお持ちのお客様のみご利用いただけます)。

【ScanSnap Cloudの使い方】
●本アプリケーションを起動後表示されるガイダンスに従い、初期設定を行ってください。
●初期設定後は、ScanSnapのScanボタンをワンプッシュするだけで、ご希望のクラウドサービスにイメージデータを登録できるようになります。
●設定・使用方法の詳細については、本アプリケーションに含まれる「ヘルプ」を参照ください。

【対応製品】
●iPadシリーズ(iPad2以降)
●iPhoneシリーズ(iPhone5以降)
●iPod touchシリーズ(第五世代以降)
※iOS 8.0以降が必要です。

【ScanSnap紹介ホームページ】
●本アプリケーションを含むScanSnapに関する情報はこちらをご覧ください。
http://scansnap.fujitsu.com/jp/

新機能

バージョン 1.2.2

・iOS 11に対応しました。

評価とレビュー

3.7/5

9件の評価

9件の評価

おおむね便利ですが

azek2009

・カメラ機能よりアルバムからの取り込み機能が欲しい。
・まとめ機能が欲しい 請求書一式スキャン→文書とレシートが混在してひとつの文書にならない。後から変更できればいいけど。
・スキャン処理中のまま消える?通信が不安定な環境だと、データごと消される仕様か?スキャン中のまま、文書が消えてしまう事も。折角、取り込みが成功しているのに、文書を取り出すすべがありません。

非常に満足してますがあえて、、、

らぶみんと

非常に満足してますが、あえて追加してほしい機能があるので評価を下げてます。

これがあれば余裕で5を挙げられます。

*撮影した写真のアップ

*名刺モードでの、両面にした場合、毎回表裏を選択ではなく、2枚目は裏を優先にして、ちがう場合表に戻す方が良い。

*名刺モードで表と裏を切り替え忘れて両方表になってしまったときのために、選択したカード同士を1枚の表裏に結合できる方が良い

*背景除去の初期設定、記憶設定、一括設定
通常同じ撮影の場合は毎回同じ環境で撮影することが多いので、初期設定で選べると良いです。
また、選択した画像の一括変更がほしいです。

*境界背景の色の半径および枠線
黒背景の場合、青だと見にくいです。
そこの色や濃さを変更できるようしてほしいです。
また、枠線がはっきり表示されるモードがあると良いです。

*文章のOCRタイトルでの数字優先モード
ナンバリングしている書類の場合、タイトルはその数字にしたい時があります。(できれば最低桁数指定 誤差防止のため)

なので、現在のタイトル用OCR以外に数字のみのOCR機能を追加して、数字とそれ以外をそれぞれタイトルに組み合わせることができると良いです

前のバージョンでは出来ていた機能は?

JN1AJD

以前のバージョンでは出来ていたScansnap Cloudから直接iPhone内に取り込む機能が無くなってしまってます。登録した各Cloud以外に保存したい場合は、一手間増えて不便です。とても便利なアプリなので残念です。

情報

販売元
PFU LIMITED
サイズ
48MB
カテゴリ
ユーティリティ
互換性
iOS 8.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語
日本語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© PFU Limited 2015-2017
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ