iPadスクリーンショット

説明

iPadでなければできない体験を子ども達に。
書き順レコーダーは、iPad の上で文字を書けば、自動的に書き順を記録します。
書き順レコーダーがつくった書き順記録は、見ただけで、理解できます。

お子さんが正しい書き順で書いているか、書き順レコーダーで書かせれば、すぐにわかります。何画目がおかしい、順番が逆、など指摘も、書き順レコーダーで記録した画面を見ながらならわかりやすい。

書き順は、指がスクリーンに置かれ、離れるまでの1ストロークを、1画として記録していきます。

書き始めた場所に、順序を示す番号が自動的にふられます。
そして1画ごとに色が自動的に変わります。

下のレイヤーにガイド表示ができます。
ガイドはいつでも消すことができます。
添削ペンで説明を書き足すことができます。

スクリーンショットボタンをタップすると、画像がカメラロールに保存されます。(このとき、シャッター音はしません!)

ガイド表示と添削ペンの描画は、表示されている状態であればそれをふくめてスクリーンショットに記録されます。

どんなことができるか、どう役に立つか

1) 書き順の見本が簡単に作れます。
アニメーションや、1画ごとに増えていく図は、画数が多くなれば煩雑になり、縦棒が先か横棒が先か、すぐには理解できません。

Sheetcalc社の書き順レコーダーは、ひとめで書き順を理解できる、優れた書き順見本を、簡単に、素早く作成します。

iPadの画面を大画面に提示して、先生が文字の書き方を教えるときに書き順レコーダーを使えば、「3画はつなげて書くんだよ」「5画と6画の順番を間違えないでね」と、簡単にわかりやすい説明ができます。

2) 書き順のテストができます。
生徒が15人、30人いても 文字の書き順を間違えずに書けたか、iPadに書き順レコーダーがインストールされていれば、すぐにテストができます。
生徒に書き順レコーダーで書かせて、あとは見て判断できます。
書き順は、先生が目で見て、正しいか正しくないかすぐ判断できます。

人間が見て、すぐに判断できる書き順記録ができますので、これまでほとんど不可能だった書き順のテストが簡単にできます。

また、「4画目と5画目が逆だよ」、など、明確な指摘ができ、指摘された生徒もその内容を正しく理解できます。

3) 「この漢字、何画だったっけ?」 と思ったときは、書き順レコーダーで書いてみてください。
すぐにわかります。

小学校で習う漢字で、もっとも画数の多いのが 20画 の「競」などです。
書き順レコーダーで「競」を書いてみてください。

新機能

バージョン 1.5.0

機能強化
添削ペン
ガイド表示

評価とレビュー

ちゃんとした書き順で書いているかチェック

NNN8190

子供に、これで書かせて見ました。大変いいです。

情報

販売元
Sheetcalc Co., Ltd
サイズ
1.7MB
カテゴリ
教育
互換性
iOS 7.1 以降。 iPad 対応。
言語
英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 2014 Sheetcalc CO., LTD.
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp

他のおすすめ