スクリーンショット

説明

2017年11月にリリース後、皆さんのフィードバックを元に、2019年1月、ダークモード対応や全体的なプログラム改修の大幅アップデートを行いました。

原稿を気持ちよく書くことに特化したstone。テキストエディタとして持っている機能はとても少ないです。
しかも、対応フォーマットもプレーンテキスト(.txt)のみ。
文字に強弱をつけたり、画像を置いたりはできません。
最初は不便に感じるかもしれませんが、文章を書くことに集中できるはずです。

書体:
明朝体とゴシック体の切り替えが可能です。明朝体は「游明朝」と「Times New Roman」を、ゴシック体では「游ゴシック」と「Helvetica Neue」を組み合わせて使用しています。

縦書きと横書き:
stoneでは日本語を美しくみせるため、縦書きにも対応しています。括弧類や句読点の扱いなど、日本語ならではのルールへも配慮しています。

文字の大きさ・行間・一行の文字数:
俳句のように短い文章から長いレポートまで様々な文章を書きやすくするために、文字の大きさ、行間を調整できます。
また、一行の文字数を大まかに設定したり、全体・選択範囲の文字数を確認する機能があるので、雑誌のようなフォーマットが決まった媒体の原稿を書く際もstoneを使うことができます。

設定の保存・読み出し:
新たな設定を追加したり、保存された設定を使用することができます。また、stoneの使い方をイメージしやすいように、いつくかのプリセットを用意してあります。

ファイル名、ページ番号、日付の印刷:
stoneからの印刷やPDF保存時に、ファイル名、ノンブル(ページ番号)、日付の有無を選択することができます。それぞれの文字は本文の書体(明朝、ゴシック)に合わせて出力されます。

行番号の印刷:
stoneのアプリケーション上で表示されている行番号を印刷することができます。複数ページにわたって印刷された文章などを、画面と見比べる際に便利な機能です。

ダークモード:
macOS10.14をお使いの方には、ダークモードを用意しています。

バックアップ機能:
既存ファイルの自動保存と、未保存ファイルのバックアップ機能があります。未保存ファイルがある状態で強制終了された場合、stone再起動時には作業中のファイルが復元されます。(バックアップ機能はmacOSに用意されている機能を利用していますが、稀に正しく動作しない場合があります。今後、より高い精度で復元されるよう検証してまいります。)

新機能

バージョン 1.1.0

大変お待たせしました。stoneがバージョン1.0.5から数ヶ月の期間をかけて、ひとまわり(1.1.0)大きくバージョンアップすることができました。
macOS10.14のダークモードへの対応や、内部プログラム全体の見直し・再構築により、パフォーマンスと今後のメンテナンス性能がよくなりました。また、ファイルの自動保存・バックアップ機能も追加しました。詳しくはstoneのウェブサイトをご覧ください。

評価とレビュー

3.3/5
11件の評価
11件の評価
nikon_fm2

アップデートを待って買いました

今回V1.1へのアップデートでは内部構造を根本的に作り直したとのことで、それを待って購入しました。

ずっと気になっていたけれど、レビューにバグの報告が多く書かれていたのと、アップデートのペースが遅いことが気になって手を出してませんでした。

半日使った時点では満足です。
・見た目もUIも気に入りました。書いていて気持ちが良いです。
2016年モデルのMacBook 12インチ Core m3モデルでも、サクサク動作します。

今後のアップデート予定に書かれていた、原稿用紙モード、楽しみにしています。

デベロッパの回答

ありがとうございます。どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。(動作環境のご報告も感謝いたします、どうしても我々の手元で検証できる環境には限りがありますので、みなさんのレビューは参考にさせていただいております)

ktknknt

ひどく文字がボヤける

ようやく自動保存に対応して嬉しい。少しずつでもアップデートで色々が改善されていってくれれば。
しかし今度は文字があまりにボヤけて表示されるようになってしまった。打っていて非常に目が疲れてこれでは集中できない。
Retinaではないせいだろうか?
ぜひ次回のアップデートでもう少しくっきり見えるように対応していただきたい。

デベロッパの回答

文字の件、ご報告ありがとうございます。おそらく内部プログラムの改定によって、テキストのレンダリング方法にも変更が加わったためかと思いますので、非Retinaでの検証を詳しく行なってまいります。(2019.1.31追記しました)

-
ご不便おかけして申し訳ありませんでした。本日、いくつかの不具合を修正したバージョンをリリースしました。保存関連も改修を行なっておりますが、ご報告いただいた症状が該当するものか定かではありませんが、ご確認いただけると幸いです。
お問い合わせ窓口は完全にリソースの問題で対応できていませんが、課題のひとつとして認識しておりますので検討してまいります。

pappo-tuba

私のところではあまり落ちないけど、

1.1.0インストールしました。
残念ながら、変換解除後の入力カーソル挙動は直っていませんでした。
安定度には期待します!


横書き、縦書きともに、

文字を入力→変換→deleteで変換解除→

このあと、入力カーソルが語末から動きません。
矢印キーを操作すると内部的には動いているらしく、1回押せば2文字前が、2回押せば3文字前が、deleteキーで消すことができます。

ATOK17(30.0.3)だけかと思ったら、Mac 標準のIMでも同じ挙動です。
OSは、10.11.6 El Capitan と Mojave ですが、どちらも同じ挙動です。

私の使い方ではほかに不具合はないのですが、打ち損じ訂正が面倒で困ります。


待ちに待っていました。
さっそく起動して、シンプルで美しい画面にうっとりしています。
しっかり使い込んでいきます。

シンプルなのが身上なので機能追加は避けてほしい。
避けてほしいけど、文字数カウントだけはあってもうれしい。



文字数カウント、ありました。
文章を選択するとあらわれます。

デベロッパの回答

ご確認ありがとうございます。変換解除後の入力カーソル挙動、検証してまいります。

-
ご不便おかけして申し訳ありませんでした。本日、いくつかの不具合を修正したバージョンをリリースしました。カーソルの不具合も対象になってますので、ご確認いただけると幸いです。

情報

販売元
Nippon Design Center, Inc.
サイズ
5MB
カテゴリ
仕事効率化
互換性

macOS 10.12 以降、64ビットプロセッサ

言語

日本語、英語

年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© Nippon Design Center, Inc.
価格
¥3,000

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp