スクリーンショット

説明

スケッチ風ドローを使って図形が描けます。テキストも任意の位置へ自由に配置できます。ツールパネルの中から選択して作成した図形はベクトル形式となります。TIFF,PNG,BMP,GIF,その他多種類のラスター画像も取り込むことができます。
プリント時にはもとの画素数のままプリンタへ出力します。SVG,SVGZ,EPS,EPSI,PDFなどベクトル形式の画像データを取り込んだ場合は、プリント時にベクトル形式のままプリンタへ出力します。
Adobe Illustrator AI形式のうちEPS互換、PDF互換形式ならば取り込めます。
作成したドキュメントは、スケッチ風ドロー形式で保存することは勿論、汎用のSVG,PDF,EPS,TIFF形式などへも書き出すことができます。ひとつのドキュメントは1ページ分の内容です。ひとつのファイルにはひとつのドキュメントしか保存できませんので、1ページ分でひとつのファイルになります。
OPENSTEPの開発環境に含まれているサンプルプログラムDrawと、Mac OS Xの開発環境に含まれているサンプルプログラムSketchを基に、多数の機能を追加したCocoaアプリケーションです。Objective-Cを使用し、Xcodeを使ってコンパイルしています。
スケッチ風ドロー形式で保存したファイルはSketchからは開くことができません。Sketchで保存したファイルはスケッチ風ドローから開くことができます。書き出しについては、SVG,PDF,EPSのベクトル形式を主体にしています。ラスター形式はTIFFのみをサポートします。プリンタへの出力も考慮して、解像度を指定できるようにしてあります。TIFFからPNG,JPEG,GIFへ変換するには「プレビュー」やその他沢山の優秀なアプリケーションが使えます。
Quick Look用のプラグインは組み込み済です。プレビュー画像はSVG書き出しの機能を使って書き出されたSVGデータをWebKitに描画させています。サムネイルはSVG書き出しの機能を使って書き出されたSVGデータをWebKitに描かせ、その画像をラスタライズして描画しています。
ソースコードはhttp://www.hi-ho.ne.jp/sato-akira/sketchydraw/からダウンロードできます。

新機能

バージョン 10.12.3

macOS 10.13(High Sierra)における問題点を修正しました。

評価とレビュー

AppleWorksのドロー!!

ayapoke

本当にAppleWorksみたいです。こんなアプリずっと探していました!開発者さん、ありがとう!
「均等に配置」私も欲しいです。

個人的使用に限って有効・ただしそれ以上は望めない

Hiro'sGoo

アプリケーションのアイコンがスマートなのは好印象です。ただし、個人的に簡単な絵や図をつくることから先がないアプリケーションと割り切ったほうがよいと思います。この割り切りで、当ページのスクリーンショット以上の仕上がりを望まない人にとっては★は3つ以上かもしれません。
ことの善し悪しは別として、ドロー系・ペイント系のアプリケーションの操作やUIは、デファクトスタンダードとなっているAdobeが長年培ってきたものが他のアプリケーションでも採用されていますが、当製品は「初心者でも簡単に」を目指した結果かまったく別のものとなっています。このため、ドロー系・ペイント系のアプリケーションを使い続けてきた方には戸惑いがあることでしょう。また実装されている機能も、ちょっとした図を書く程度の内容であり、アイコンが示す精緻なものを期待すると裏切られます。開発者はDTPやデザインに関しての専門的知識がないのか、あるいは意図的に専門性を排除しているとしたら、それゆえ初心者にとってもわかりづらく、使いにくい、守備範囲の狭いアプリケーションとなってしまっているのが惜しいと感じます。

かなり満足

さーたりん

やりたいことのほとんどをこなしてくれて、さらに使いやすい。
残念なのは、円弧を描くのに細工が必要なところ。
それと、自由多角形というか、ツールパネルの下の段の右と中央のふたつで描いた図形の、点の位置を修正したりすると、その後、その図形を動かしたりしたときに消えてしまうことが、結構頻繁に起こるところです。
それでも細部までよく行き届いた作図ができるので重宝しています。

情報

販売元
AKIRA SATO
サイズ
11.6MB
互換性
言語
日本語、イタリア語、オランダ語、スウェーデン語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、簡体字中国語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© SatoAkira
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp