スクリーンショット

説明

ToyViewer は単なる画像ビューアソフトではなく、多彩な画像操作機能を持つことを特徴とします。起動も高速です。数種類の画像形式で表示、保存が可能です。ディレクトリ内、ZIP/RAR アーカイブ内の画像を連続表示する機能も備えています。

1. 画像形式
tiff, jpg, pdf, png, gif, bmp, JPEG 2000(jp2, jpc, j2k), eps, svg, jbig(bie), pcx, pcd, pnm(ppm, pbm, pgm), xbm, mag, SUN Rasterfile, wbmp, TIFF Stacks
その他: Adobe Photoshop (psd), Adobe Illustrator (ai, ただし pdf として).

2. 保存できる形式
tiff, pdf, gif, bmp, png, jpg, JPEG 2000(jp2, jpc, j2k), jbig(bie), pnm, xbm, wbmp.
PDFなどのベクタ形式の画像をビットマップ画像(例えば JPGや PNG)に変換できます。

3. フォルダ内を表示
フォルダを指定して、その中のファイルをフルスクリーンで順番に自動表示できます。また、マークを付けておいて移動したり削除したりできます。この機能によって ToyViewerをコミックビューアとして使うこともできます。

4. アーカイブ内を表示
ZIP形式、および RAR形式の圧縮ファイル内の画像ファイルを、上記のフォルダ内の表示と同じようにフルスクリーンで順番に自動表示できます。また、マークを付けておいて取り出すこともできます。

5. フルスクリーン表示
フルスクリーンで画像を表示できます。

6. 画像操作
画像を回転、反転させたり、一部分を選択して切り出したりできます。拡大、縮小も可能です。

7. 色の操作
輝度やコントラスト、色調を調節する簡単な機能を提供しています。指定した色を他の色、あるいは透明色で置換できます。また、減色、モノクロ画像への変換ができます。

8. 各種効果
エッジ強調、ぼかし、モザイクなど、いくつかの代表的な画像加工ができます。Aquaのボタン風の画像や、イラスト風の画像を作成することもできます。

9. カスタムアイコン
画像の保存と同時に、そのファイルにカスタムアイコンを添付できます。また、任意のファイルにカスタムアイコンを添付できます。

10. アニメーション
ToyViewerはGIF動画ファイルと TIFF Stacks(複数フレームを含むTIFFファイル)に適用できるシンプルなアニメーションプレーヤを備えています。さらに、それらの画像の各フレーム、およびPDFファイルの各ページを1枚ずつ画像として表示することもできます。

11. 埋込み情報
画像に埋込まれているカラープロファイルを変更したり、Exif情報、GPS情報を表示できます。また、これらの情報を含むように、あるいは含まないように画像を保存できます。

12. 印刷: 画像の印刷ができます。画像は1枚の用紙に収まるように自動的に縮小したり、複数ページに分割したりして印刷できます。

新機能

バージョン 5.6.0

- macOS 10.14 Mojaveのダークモードに対応しました。
- インスペクタの選択領域のインタフェースを改良しました。
- ToyViewerのマウスカーソルがMojaveに表示できないという現象がありましたが、問題は修正されました。
- 拡大/縮小した画像に対する、インスペクタの領域選択の動作を修正しました。

評価とレビュー

4.3/5
8件の評価
8件の評価
nikolito

mojaveでポインタが画像より上に表示されない

OSをバージョンアップしたら、ポインタが画像の上に表示されず、見えなくなったので使えなくなりました。ポインタを見えるようにしてもらえると助かります。

hataken

起動しないって言っている人へ

起動しないって言っている人。
macOSのアプリケーションの使い方をわかった上で言っていますか?

アップルメニューのすぐ右に「ToyViewer」と表示されていて、Dockにもアイコンが表示されていればアプリケーションはちゃんと起動しています。
このアプリケーションはエディタであって1から新規の画像を作成するソフトウェアではないですから、新規書類のウインドウは表示されません。
ファイルメニューから「開く...」なり「フォルダ内をスキャン...」なりを選んで開くファイルやフォルダを指定すればちゃんと開きますよ。
(または開きたい画像ファイルをToyViewerのアイコンにドラッグ&ドロップ)

macOSではメニューバーは常に画面上部に表示されます。
ウィンドウの上部に表示される(=何かウィンドウを表示しないと何もできない)Windowsとは考え方が違うんです。

同様の理由で、「ToyViewer」メニューから「ToyViewerを終了」を選ぶか、Dockから「終了」を選ばないと、全てのウインドウを閉じても終了はしません。
まあ、わかるとは思いますが。

AI5to

これで無料とは素晴らしい!

仕事ではPhotoshopを使ってます。
プライベートでの画像編集はもっと簡便なソフトでいいと思い、これまでOS付属のiPhotoや写真を使ってみましたが、使い勝手が良いとは言えないのでAppStoreでToyViewerをダウンロードして見ました。
まだ使い始めたばかりですが、とにかくいろいろなことができて、これで無料とは恐縮です。
作者様に感謝します。
ところでファイルが開けないという方がたくさんいるのが不思議なのですが、ひょっとしてなんでも画像をダブルクリックして開こうとしてませんか?
Macの場合、ダブルクリックで開くのはToyViewerにファイル形式(拡張子)とアプリの関連付けがなされてる時だけです。
JPEGやPNG画像の場合、通常この関連付けはプレビュー.appに関連付けられているか、iPhoto、または写真に関連付けられているはずですから、ToyViewerで開くはずがありません。
ToyViewerで画像を開くにはToyViewerを起動後、ファイル→開く で開きたいファイルを指定すれば開けます。
この方法は他の方も書いている通りです。
では画像をダブルクリックしてToyViewerで開くにはどうするか?
まずはスクリーンショット画像(PNG画像)でも、自分で撮ったJPEG画像でもいいですから選んで、上のメニューの、ファイル→情報を見るを開きましょう。
「このアプリケーションで開く:」という項目があるので、そこを「ToyViewer,app」に切り替えたらその下にある「すべてを変更」ボタンをクリックします。
これで、JPEGなりPNGなり、同じ拡張子の画像は以後ToyViewerで開きます。

情報

販売元
Takeshi Ogihara
サイズ
8.6MB
互換性
macOS 10.12 以降、64ビットプロセッサ
言語
日本語、ドイツ語、フランス語、繁体字中国語、英語
年齢
4+ 対象年齢
Copyright
© 1995 Takeshi OGIHARA
価格
無料

サポート

  • ファミリー共有

    ファミリー共有を有効にすると、最大6人のファミリーメンバーがこのAppを使用できます。

このデベロッパのその他のApp