iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。進捗インジケータ
iTunes

iTunes はデジタルメディアのコレクションの管理、追加がとても簡単に行えるツールです。

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 Latterman の楽曲をプレビュー、購入するには iTunes をダウンロードしてください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

iTunes を持っています 無料ダウンロード
Mac および PC 用 iTunes

Latterman

iTunes で見る

曲をプレビューするにはマウスをタイトルの上へ移動して「再生」をクリックします。音楽を購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。

伝記

Long Island pop-punk/post-hardcore hybridists Latterman first got together around 2001, and Turn Up the Punk, We'll Be Singing was self-released by the band a year later. After a hiatus of a year or so Phil Douglas (guitar/vocals), Matt Cannino (bass/vocals), Mike Campbell (guitar), and Pat Schramm (drums) reconvened around new songs they'd written. They signed to North Carolina indie Deep Elm, who released the band's second effort, No Matter Where We Go, in August 2005. (The label also reissued Turn Up the Punk around the same time.) In true D.I.Y. fashion, Latterman's tour in support of their new album included gigs in apartments and kids' basements across the U.S., the U.K., and Europe. The band's rocking third album, ...We Are Still Alive, appeared in late summer 2006; Brian Crozier had also replaced Campbell on guitar by this time.

トップソング