iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 iTunes Store からダウンロードするには、iTunes を入手してください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード

読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ 小学館刊

著者: 小学館

iTunes を開いて購入

説明

ウェブ時代の「読書の価値」について、わかりやすく伝える決定本!ウェブ上に情報が溢れる今、「本」を読むことの意味はどこにあるのか。「読書」を最大限に活用するためのベーシックな考え方を示し、ウェブとの使い分けを伝えます。 勝間和代氏自身、「読書」によって進化してきました。ウェブ上で注目され、非常に短期間で一読者から注目される著者へ立場を変えた、エポックメーキングな著者です。 愛読家としての立場、読者から著者へと立場を変えた実感からの報告、そして、マーケティング専門家の立場からの「本」への提言と、「読書」が「読者」に起こす変化をくまなく書き表した傑作です。 読書家の方には、新しい読書論として、ウェブ派の方には、読書への誘いとして、勝間氏本人の朗読による『読書進化論』は、目を見張るような価値観の変動をもたらしてくれることでしょう。

カスタマーレビュー

本来あまり批判めいた事、言うつもりじゃなかったんだけど。

先に書かれた方に同感なんですよね。本だったらいいんですよ、¥1,500で。第三者が校正もしますしちゃんとした手間がかけられて読者の手に渡ります。でもオーディオブックであれば”聞き流せる=同時に複数の事が出来る=多少大目に見て良いか”って成り立たないし成り立てちゃいけないと思うんですよ、オーディオブックの今後の可能性も考えてみると。この価格なら本来的にはナレーションのプロに任せるべきではないでしょうか。息つぎと文脈の合わせ方やリズムの取り方は素人がすぐにこなせるものではありません。逆にご本人が(勿論ナレーションに関してはプロではないので)あくまでもご自身の声で録音されるのなら、より幅広く入手しやすい価格に設定すべきではないでしょうか?制作コストも第三者の介入が少ない分抑えられている筈です。おそらく制作者ご本人の声だからこそ購入を決意された方も沢山いらっしゃるのではと思いますが、コンテンツのクオリティにこだわるべきと主張されていたのは制作者ご本人でしたし、芸能人ではないのでこんな状況が問題であるのはご本人が十分おわかりだと思います。一年前のご本人のレビューが聞けたら聞いてみたいですね。

どどんご

素晴らしいほどに最低です。 根本的にデジタルメディアを理解するという事をなさらないで、自分の立脚点にのみの視点で ご意見を語られているという点が「素晴らしいほどに最低」だと思います。 また、語られている女性のナレーションの声も圧倒的に低く、 事前に原稿に目を通されていないという事が、とてもよくわかり 「やはり、仕事というのは、安易にしてはいけないな・・」と 感じさせてくれます。

勝間さん本人が語る。とってもいいです。

普通はオーディオブックはナレーターが吹き込みますが、勝間さん本人が吹き込んでいます。 本とは本来、著者が読者に対して語りかけるものを書物にしたものです。その本である読者進化論を勝間さん本人が語りかけることは本当に素晴らしいものです。 通勤時間などで聴いていますが、勝間さん本人が話しかける感じでとってもリアルでいいです。 他の著者も著者自身が吹き込んだオーディオブックを出してくれるといいのにと思います。

小学館, 読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ 小学館刊
iTunes で見る ¥1,100
  • ナレーター: 勝間和代
  • 発行日: 2009
  • カテゴリ: ビジネス
  • プロバイダ: 小学館
  • Audible.com 提供

カスタマー評価