• ¥900

発行者による作品情報

信仰にとって最大の敵とは、軽はずみな信仰を持つこと。自己に対する危機意識、自分の醜さに対する恐怖感、そしておのれの無力性への絶望。こうした境地なくしては、宗教は浅はかな「知的遊戯」に陥ってしまいます。宗教への幻想と期待はかえって宗教的な生き方からほど遠い世界へ導いてしまうのです。信仰というものの本質を考えてみませんか。○講演者:高瀬広居(たかせ・ひろい) - 1927年、東京生まれ。生家は浄土宗の寺院。早稲田大学文学部卒業後、NHK入局。政治・社会番組のプロデューサーを務める。その後、ニュースキャスター、ラジオ関東常務取締役、放送批評懇談会理事長、拓殖大学理事等を歴任。著書に『日本仏教の再生を求めて』『人間ブッダの生き方 迷いを断ち切る「悟り」の教え』『迷いを、生きる力に変える』『お釈迦様に学ぶ、生きる智慧と力 法句経からのメッセージ』などがある。○昭和51年6月収録○一部衣擦れなどの雑音がございますが、内容の聴取には差し支えないかと思われます。

ジャンル
宗教/スピリチュアル
ナレーター
高瀬 広居
ページ数
00:59
時間
発売日
2018
5月16日
発行者
(株)リブラ・エージェンシー
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
28.1
MB

リスナーはこちらも購入しています