• ¥900

発行者による作品情報

よき母こそが餓鬼道に墜ちる――「よき母」は我が子のために必死になるもの。これは仏教でいうところの「慳貪」の罪。だからこそ、母の情愛を受けた子供は母を救う必要があるのです。その救済とは、子供が一日一日を懸命に生きることでなし得ます。全力で生きることが真の親孝行。お盆の精神とは、父母への孝行を通じた、自分への功徳に向けた実践にほかならないのです。○講演者:由木義文(ゆうき・よしふみ) - 1944年、埼玉県生まれ。浄土宗龍蔵寺住職、仏教学者。慶應義塾大学卒業、東京大学大学院印度哲学専修博士課程修了。慶應義塾大学講師、埼玉県公安委員委員長を歴任。著書は『お盆のお経』『日本仏教における仏』『一日一句 真理のことば』『名僧・悟りの言葉』『よくわかるお経の本』『法然のいいたかったこと』など多数。○昭和56年8月収録○一部衣擦れなどの雑音がございますが、内容の聴取には差し支えないかと思われます。

ジャンル
宗教/スピリチュアル
ナレーター
由木 義文
ページ数
00:57
時間
発売日
2015
7月2日
発行者
(株)リブラ・エージェンシー
提供元
Audible.com
言語
EN
英語
サイズ
57.2
MB

リスナーはこちらも購入しています