• ¥300

発行者による作品情報

この「スティーブ・ジョブズのプレゼン」というオーディオブックは、元MACLIFE編集長の高木利弘氏とテクノロジーライターの大谷和利氏のお二人が、スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションの神髄について、語っておきたいという思いでスタートしました。第3話はMacintoshのデビューから100日目に行われた自信に満ち溢れたプレゼンテーションをについて、その内容や背景・その影響などについて語ります。若き日のジョブズはこのプレゼンの約1年後、主導的な役職を奪われやがてアップル社を去ることになります。(C) Pamlink Corp.

ジャンル
ビジネス
ナレーター
高木 利弘, 大谷 和利
ページ数
00:18
時間
発売日
2015
6月17日
発行者
PAMLINK
提供元
Audible.com
言語
JA
日本語
サイズ
14.8
MB

カスタマーレビュー

平石 幸子

あのジョブズ氏の低迷期

人気絶頂でApple社で強いカリスマ性を放つジョブズ氏。
そんな偉人の低迷期突入エピソードでした。
どんな人でも、1度や2度は失敗があるといいます。
大事なのは、それを教訓にして今後どう生きるかという事••••なんでしょうね。
実行できる人がそんなにいるとは思いませんけど。
このオーディオブックはMacintosh発表後、ジョブズ氏がApple社を去るまでが話されてます。
現在は返り咲いてらっしゃいますけどね。
明るいエビソードではありませんが、「なるほど!!!そうだったんだ!!!」と思えました。

リスナーはこちらも購入しています