iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 iTunes Store からダウンロードするには、iTunes を入手してください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード

上司が教えてくれない売れる営業

これだけ読んでアポに行って欲しい営業入門書

このブックは、Mac または iOS デバイスの iBooks でダウンロードして読むことができます。

説明

営業と聞くと必ずしも全員全員営業を楽しいものとは捉えないでしょう。
必ずノルマを達成しなければいけない、毎月毎月のノルマに疲弊している人。
どんなに頑張ってもどうすれば人がものを購入するのか全く掴めないでいる人。

営業には必ずこう聞いてこう話せば必ず商品を買ってもらえる。というわけにはいきません。
それは、営業を行っている人の外見や性格、その日の天候、アポをする場所、先方の性格や過去の経験、あるいは金銭的な事情。
ありとあらゆることが理由でその日、その場で契約が取れるのか、それとも検討しますと商談が終わるのかが決まると言っても
過言ではありません。
そんな答えのない仕事だからこそ奥が深く決してゴールのない職人技
とも言えるでしょう。

一方で、営業は嫌いという人も多いかと思います。
中には、今現在営業マンをやっているけど、実は営業苦手なんです。。。
という方もいるかもしれません。

営業は、なんとしてでもアポを取り付けて商品をどうやって売り込むか。
そこばかりを考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、私はそこに答えはないと思っています。
何故ならば本来の営業とはそのように商品を言葉たくみに売り込むものではないからだと
思っているからです。

本書で詳しくお伝えしていますが、一度営業をしているという気持ちを持たないで
お客さんの悩みや問題を聞いてあげることをしてみてください。
きっと何かかわるはずです。

口下手で営業なんて無理だと思っている人も
そんなことはありません。
話すのが苦手な人であろうと成果を出すことはできます。
要は人がどうしたらものを買うのか、どうすれば行動に移すのかを
知らないだけなんです。

そこさえしっかりと抑えればその人に自分にあった営業をしても
成果を出すことは十分に可能なことなのです。

本書では、いかにして人は動くのか、あるいは行動するのか。
テクニック云々というよりももっと根底にあるものを1冊にまとめました。

私も営業には本当に苦労しました。
たくさん書籍を読んだり、営業がものすごくうまい人に聞いたこともあります。
そして、自分で経験してみて出た答えをこの書籍を通してみなさんに
お伝えしていきたいと思います。

目次
はじめに
第1章:なぜ「営業」という仕事に苦手意識をもってしまうのか?
「売らなければいけない」という考えが苦手意識の原因
お客様に商品のよさを語るよりも、悩みやニーズを明確にしよう
営業は「テクニック」よりも、一人ひとりのお客様とのコミュニケーションが重要
説得するのではなく、納得してもらうことが商品購入のカギ
第2章:まずは話を聞いてもらおう!営業がうまくいくお客様とのコミュニケーション法
営業は商談よりも、ファーストコンタクトが肝心
一方的に話すのはNG!基本はお客様との「会話」から、悩みを引き出す
二者択一で質問し、お客様の悩みを解決する
会話にも「間」が必要!沈黙の間に、お客様に考えてもらう
第3章:今までの失敗は関係ない!営業が陥る罠を回避するテクニック
お客様と対等な立ち位置で商談を進める
お客様のNOやキャンセルから学べ
「検討します」は必ずしもNOじゃない!切り返しのテクニックを身につけよう
雑談に話が逸れても失敗ではない。お客様と一緒に進めよう
第4章:さらに顧客を増やすために、今から始めるべき4つの考え方
お客様の9割に営業のチャンスがある
ネガティブな概念にとらわれず、想像力を大切にすることで新たな顧客をつかむ
お客様の好奇心と感情を大切にする
顧客ノートを作り、改善点や実績を貯めていこう
おわりに

著者プロフィール
■金川顕教(かながわ・あきのり) 
経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。 

「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。 

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。

カスタマーレビュー

営業とはお客様の悩み解決。

相手は自分が何に困っているのか実はわかってないことが多い。こちら側から問題を気づかせてあげることが大切。その問題を解決するための手段が自分の売る商品と一致した時、お客様は購入してくれる。

説得させるのではなく、納得させる。

最初から期待しないことはすごく大事だと思いました。期待しないことで、不安や緊張も緩和され、リラッスした状態で営業することができ、結果的によりよい営業になる。

嘘をつかずに、正直に伝えることで自分の誠実さや熱意が相手に伝わって、信頼してもらえる。

営業に自信がない方、上手くいっていない方は見てほしい。

改めて営業とはなにか?
について考えることが出来ました。
営業は相手ベースで考えるられようになり、以前と比べて最近は成約率も上がっていましたが
「9割のお客さんは商品を買う」ということばに、ハっとさせられました。
最近は自分の中で見込み客を作り、お客様に対して制限をかけていました。
想像力をもっと働かせて、相手になにが出来るか考えることで
今まで見えていなかったものも見えて、提案できるようになると思いました。

20分で読める、学べる営業の極意

スラスラと読みやすく分かりやすい文章で、営業で大切な事をしっかり学ぶことが出来ました。

人間は、悩みを解決するために商品を買っているのだということ。

その悩みを解決させるために営業力を磨き、お客さんの悩みを解決していき、お客さんとのより良い関係を築いていきます。

また、営業する時に使える細かなテクニックや、営業する時のマインドのことなども非常に分かりやすく書かれていたので、とても勉強になりました。

繰り返し読んで、こちらの本の内容を頭に叩き込みます!

上司が教えてくれない売れる営業
iTunes で見る
  • 無料
  • iPhone、iPad、iPod touch、および Mac でご利用になれます。
  • カテゴリ: スモールビジネス/起業
  • 発行日: 2018年5月8日
  • 発行者: IPパブリッシング
  • 販売元: Umeda Noritsugu
  • 長さ: 38ページ
  • 言葉: 日本語
  • 要件: このブックを閲覧するには、iBooks 3.1 以降と iOS 6.1 以降を搭載した iOS デバイス、または iBooks 1.0 以降と OS X 10.9 以降を搭載した Mac が必要です。

カスタマー評価