iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
Apple Booksを開きます。Apple Booksが開かない場合は、DockのBooks Appをクリックしてください。Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 iTunes Store からダウンロードするには、iTunes を入手してください。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード

京大の筋肉2

京大の筋肉

このブックは、MacまたはiOSデバイスのApple Booksでダウンロードして読むことができます。

説明

2015年刊行された『京大の筋肉』第二弾。
筋肉を使うということがいかに脳を刺激するか、そして、その脳を刺激するだけでなく、心臓、呼吸循環器系、骨、神経、あるいはエネルギー代謝すべてを動員して筋肉を動かしているメカニズムから、高齢者の方でも短時間で効率的なトレーニングの仕方、また、その筋肉をつくり、維持するための食事や栄養バランスについても網羅されています。
人生100年時代を迎えるにあたり、知って欲しい『筋肉』のことについておおいに語られた一冊。
著者は京都大学名誉教授、京都産業大学・中京大学客員教授。
本書は、NPO法人EBH推進協議会が主催する講演会「情報素材料理会」から生まれた、シリーズ作品です。

『外見が若々しいというのは、見栄えがします。各種の体力測定をすると、実年齢より若年に近いデータが出れば、素直にうれしい。そこから、一歩も二歩も掘り下げたのが、「筋肉年齢」です。
筋肉を動かすことが、健康を維持する最大の処方箋だ、というのが本書の主旨です。
数々の科学的データがそれを裏付けています。日頃から、〈運動〉し、〈食事〉に気を配り、〈生活リズム〉を整えていけば、肥満や糖尿病、認知症の予防に有効です。』
(序章 より)

〔目次〕
序章 筋肉は一日にしてならず
一章 なぜ筋肉を動かすのか?
二章 EMSとエビデンス
三章 インターバルとニート
四章 筋肉が喜ぶダイエット
五章 きちんと食べるダイエット
六章 生活リズムを点検しよう

このシリーズの他のブック

京大の筋肉2
iTunes で見る
  • ¥850
  • iPhone、iPad、iPod touch、および Mac でご利用になれます。
  • カテゴリ: 健康/フィットネス
  • 発行日: 2018年3月1日
  • 発行者: ディジタルアーカイブズ
  • 販売元: Mobilebook.jp, Inc
  • 長さ: 96ページ
  • 言葉: 日本語
  • シリーズ: 京大の筋肉
  • 要件: このブックは、Apple BooksがインストールされたiOS 12以降のiOSデバイス、iBooks 3.1以降とiOS 6.1以降を搭載したiOSデバイス、またはiBooks 1.0以降とOS X 10.9以降を搭載したMacでのみ閲覧できます。

カスタマー評価

この ブック の平均評価を出すための十分なデータがありません。