• ¥850

発行者による作品情報

戦争へと向かう不穏な時勢に、翻訳家・村岡花子は、カナダ人宣教師から友情の証として一冊の本を贈られる。後年『赤毛のアン』のタイトルで世代を超えて愛されることになる名作と花子の運命的な出会いであった。多くの人に明日への希望がわく物語を届けたい──。その想いを胸に、空襲のときは風呂敷に原書と原稿を包んで逃げた。情熱に満ちた生涯を孫娘が描く、心温まる評伝。 ※文庫版掲載の写真は、電子版では一部掲載していません。ご了承ください。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2011
9月1日
言語
JA
日本語
ページ数
303
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
10.8
MB

カスタマーレビュー

gooddesignedapps

紙より高い!

紙の書籍(文庫)が810円(Amazon)、Kindle版が750円。なんでこんなに高いの!?

村岡恵理の他のブック