• ¥850

発行者による作品情報

「とにもかくにも人は、もののあはれを知る、これ肝要なり……」。本居宣長七十二年の生涯は、終始、古典文学味読のうちに、波瀾万丈の思想劇となって完結した。伊勢松坂に温和な常識人として身を処し、古典作者との対話に人生の意味と道の学問を究めた宣長の人と思想は、時代をこえてわれわれを深い感動の世界につつみこむ。著者がその晩年、全精力を傾注して書きついだ畢生の大業。

ジャンル
参考図書
発売日
1992
5月25日
言語
JA
日本語
ページ数
439
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
4.3
MB

小林秀雄の他のブック