• ¥380

発行者による作品情報

赤道上に発生した戦後最大規模の鼓笛隊が、勢力を拡大しながら列島に上陸する。直撃を恐れた住民は次々と避難を開始するが、「わたし」は義母とともに自宅で一夜を過ごすことにした。やがて響き始めたのは、心の奥底まで揺らす悪夢のような行進曲で…(『鼓笛隊の襲来』)。ふと紛れ込んだ不条理が、見慣れたはずの日常を鮮やかに塗り変えていく。著者の奇想が冴えわたる、驚異の傑作短編集。

ジャンル
小説/文学
発売日
2011
2月18日
言語
JA
日本語
ページ数
208
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
506.2
KB

三崎亜記の他のブック