• ¥640

発行者による作品情報

秋山大治郎のことを思いながら夕暮れの根岸の里を歩んでいた佐々木三冬は、背中を斬られて逃げてきた女に小さな品物を託される。それが密貿易に係わるものだったため、三冬はその一味から狙われ、捕らわれて地下蔵に押し込められる。鬼神のごとくなって探し回った大治郎が奇蹟的に三冬を救出すると、父・田沼意次は、いきなり三冬を嫁にもらってくれと頼むのだった。シリーズ第6弾。

ジャンル
小説/文学
発売日
2002
11月15日
言語
JA
日本語
ページ数
363
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
3
MB

池波正太郎の他のブック

このシリーズの他のブック