• ¥530

発行者による作品情報

発展の望みを絶たれ、憂鬱なムードの漂うニュータウンに暮らす一家がいる。1歳の息子を突然失い、空虚を抱える夫婦がいる。18歳で結婚したが、夫にも義母にもまともに扱ってもらえない若妻がいる……。3組の家族、ひとりひとりの理想が、現実に侵食される。だが、どんなにそれが重くとも、目をそらさずに生きる、僕たちの物語――。「カラス」「扉を開けて」「陽だまりの猫」。

ジャンル
小説/文学
発売日
1999
9月1日
言語
JA
日本語
ページ数
195
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
811.7
KB

重松清の他のブック