• ¥600

発行者による作品情報

小林批評美学の集大成であり、批評という形式にひそむあらゆる可能性を提示する「モオツァルト」、自らの宿命のかなしい主調音を奏でて近代日本の散文中最高の達成をなした戦時中の連作「無常という事」など6編、骨董という常にそれを玩弄するものを全人的に験さずにはおかない狂気と平常心の入りまじった世界の機微にふれた「真贋」など8編、ほか「蘇我馬子の墓」を収録する。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1961
5月15日
言語
JA
日本語
ページ数
278
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
3.2
MB

小林秀雄の他のブック