• ¥640

発行者による作品情報

これだけは書いておきたかった、人の情、魂を照らす光景――。芥川賞受賞直後に患った結核。震災に遭った、生れ故郷神戸への思い。中国、東欧への旅。井上靖、中上健次ら同時代の作家たちのこと。そして芥川賞受賞作『螢川』から『地の星』までの創作秘話。デビュー間もない頃から二十年間書き継がれた、宮本文学の過去、現在、未来を一気に俯瞰する、ファン必読の傑作エッセー集。

ジャンル
小説/文学
発売日
2004
6月1日
言語
JA
日本語
ページ数
247
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
973.9
KB

宮本輝の他のブック