• ¥680

発行者による作品情報

書かれたものの内側には、必ず作者の人間があるという信念のもとに、著者の心眼に映じた作家の相貌を浮彫りにし、併せて文学の本質とその魅力を生き生きと伝える。青春の日に出会ったランボオ、敬愛する志賀直哉、菊池寛、個人的に深い交渉のあった富永太郎、中原中也、さらには中野重治、林房雄、島木健作、川端康成、三好達治等々、批評家小林秀雄の年輪を示す27編。

ジャンル
参考図書
発売日
1961
8月20日
言語
JA
日本語
ページ数
372
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
3.8
MB

小林秀雄の他のブック