体験した者に静かな驚きと歓びをもたらす作品を発表してきた美術家・内藤礼。代表作である豊島美術館《母型》は、そこにいるひと全ての存在を受け入れる、大きな生命体のような空間である。《母型》に出会い、その場の持つ力に強く惹惹かれた監督は、内藤に取材を依頼し、2年にわたって撮影を続けた。しかし、時をおいて、中村は内藤のアートの本質である「生きていることは、それ自体、祝福であるのか」という問いに、内藤にはキャメラを向けずに迫ることを決意する。そして内藤の「不在」を埋めるかのように、5人の女性たちと出会う。《母型》に集まり、そこで交わされる女性たちの傷みの感覚や、生と死に対する言葉《母型》を撮らねばならなかった監督自身の内的必然性と、女性たちの感受性はやがて呼応し、祈りのような大きな〈存在の問い〉へ、解き放たれていく。

    • レンタル ¥400
    • 購入する ¥2,500

予告編

予告編

出演者/スタッフ

情報

スタジオ
myシアターD.D.
リリース
著作権
© 2015 テレビマンユニオン

言語

オリジナル
日本語 (ステレオ)

視聴者はこんな商品も購入しています

ドキュメンタリーの映画