19世紀、アメリカは電気の誕生による新時代を迎えようとしていた。白熱電球の事業化を成功させたトーマス・エジソンは天才発明家と崇められ、大統領からの仕事も平気で断る傲慢な男だった。裕福な実業家ジョージ・ウェスティングハウスは、大量の発電機が必要なエジソンの“直流”より、遠くまで電気を送れて安価な“交流”の方が優れていると考えていた。若手発明家のテスラも、効率的な“交流”の活用を提案するが、エジソンに一蹴されてしまう。ウェスティングハウスは“交流”式送電の実演会を成功させ、話題をさらう。そのニュースにエジソンは激怒、“交流”は危険で人を殺すと、ネガティブキャンペーンで世論を誘導していく。こうして世紀の“電流戦争”が幕を開けた!訴訟や駆け引き、裏工作が横行する中、ウェスティングハウスはエジソンと決裂したテスラに近づく──果たしてこのビジネスバトルを制するのはどちらか──?

    • レンタル ¥509
    • 購入する ¥2,546

予告編

予告編

評価とレビュー

4.0/5
6件の評価

6件の評価

13+ COMMON SENSE

Drama shines light on dark actions; electrocution, smoking.

情報

スタジオ
株式会社KADOKAWA
ジャンル
ドラマ
リリース
著作権

言語

オリジナル
英語 (ステレオ、Dolby)
利用可能

日本語 (字幕版、ステレオ)

視聴者はこんな商品も購入しています

ドラマの映画