リチャード・クワインがジョージ・アクセルロッドの辛口の脚本(ジュリアン・デュヴィヴィエ原作)をウィリアム・ホールデンとオードリー・ヘップバーンが1954年の「サブリナ」以来の共演でロマンティック・コメディにした。ホールデンはリチャード・ベンソンを演じている。プロデューサー はリチャードに2日間の猶予を与えたが、実はリチャードは脚本自体書き始めていなかったのだ。このプロジェクトを進められるようにと、リチャードはガブリエル・シンプソン(オードリー・ヘップバーン)という秘書を雇う。すぐに2人は恋におち、脚本も書かずいくつものシーンを演じて時間を過ごし、時間はすぐに立ちリチャードの締切日が迫る。

    • レンタル ¥407
    • 購入する ¥1,528

予告編

予告編

情報

スタジオ
Paramount Pictures
ジャンル
コメディ
リリース
著作権

言語

オリジナル
英語 (ステレオ)
利用可能

日本語 (字幕版)

視聴者はこんな商品も購入しています

コメディの映画