ナチス・ドイツが略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼり、今でも10万点が行方不明と言われる。なぜナチスは、いやヒトラーは美術品略奪に執着したのか?ピカソ、ゴッホ、ゴーギャンらの傑作に「退廃芸術」の烙印を押し、一方で純粋なアーリア人による古典主義的な作品を擁護。権力は芸術をも支配できると妄信するナチスが行った歴史上最悪の美術品強奪と破壊、そしてヒトラーの秘宝たちが辿った知られざる真実とは――?

    • レンタル ¥509
    • 購入する ¥2,546

予告編

予告編

出演者/スタッフ

情報

スタジオ
クロックワークス
リリース
著作権

言語

オリジナル
イタリア語 (ステレオ、Dolby)

視聴者はこんな商品も購入しています

ドキュメンタリーの映画