iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 今すぐ iTunes を入手して映画をプレビュー、購入、レンタルしましょう。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード

三度目の殺人

HD   G

是枝裕和

この映画をプレビュー、購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。

作品情報

それは、ありふれた裁判のはずだった。殺人の前科がある三隅(役所広司)が、解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された。犯行も自供し死刑はほぼ確実。しかし、弁護を担当することになった重盛(福山雅治)は、なんとか無期懲役に持ちこむため調査を始める。何かが、おかしい。調査を進めるにつれ、重盛の中で違和感が生まれていく。三隅の供述が、会うたびに変わるのだ。金目当ての私欲な殺人のはずが、週刊誌の取材では被害者の妻・美津江(斉藤由貴)に頼まれたと答え、動機さえも二転三転していく。さらには、被害者の娘・咲江(広瀬すず)と三隅の接点が浮かび上がる。重盛がふたりの関係を探っていくうちに、ある秘密に辿り着く。なぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?得体の知れない三隅の闇に呑みこまれていく重盛。弁護に必ずしも真実は必要ない。そう信じていた弁護士が、初めて心の底から知りたいと願う。その先に待ち受ける慟哭の真実とは?

キャスト/スタッフ

カスタマーレビュー

つまらない

テンポが遅い。じっくりじわじわ進むが、意外な展開になるわけでない。時間の無駄。ストーリーはつまらない。コレはもう監督の自己満足丸出し映画。損した!

謎は深まるばかり

本当の真実は何か。
最後まで考えさせられる映画です。自分なりに結論を出してもそれは単なる思い込みに過ぎないのかもしれない。本当の真実は本人にしか分からない。
司法に携わる人間から見ても、リアルに真実と現実の齟齬をついている。この作品はサスペンスとして傑作だと思う。

一つの殺人事件の裁判を通じて

「三度目の殺人」が誰によってどのように行われたのかが分かったとき、この映画の核心に触れてずしりと重い感情が生まれました。作品情報では法廷心理サスペンスとありますが、真相究明や法廷バトルが主題ではありません。一つの殺人事件の裁判を通じて、人間の闇と正義を描いた作品です。

三度目の殺人
iTunes で見る
  • ¥2,500
  • ジャンル: スリラー
  • リリース: 2017

カスタマー評価