<母さん、僕のあの帽子どうしたでしょうね?> “キスミーに行くんだ”ハーレムを飛びだした黒人青年ジョニーは、東京のホテルの42階直行エレベーターの中で鮮血に染まってしまう。“西条八十詩集”と“ストウハ…”という最後の言葉を残して。その頃、42階では女流デザイナーの八杉恭子のファッションショーが催されていた。棟居刑事らはニューヨーク市警と共に事件を捜査する。キスミーとは?ストウハ…とは?ジョニーは母に会うため日本へ来たのでは…?推理はめぐり、捜査が進むにつれて浮びあがる八杉恭子の影。新しい事実が掘り起こされ、また意外な事件が生まれてゆく。父と子、母と子、男と女の愛が見えない意図に絡みあい、そして感動のラストシーンが―。

    • レンタル ¥400
    • 購入する ¥2,000

予告編

予告編

この映画のアーティスト

視聴者はこんな商品も購入しています

スリラーの映画