ケーリー・グラントが、銀幕における究極の逃亡者を演じるのは、サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコックとの、4度目にして最後の顔合わせとなる作品。彼が演じるマンハッタンの宣伝マンが、スパイ(ジェームズ・メイスン)と逆スパイ(エバ・マリー・セイント)の暗躍する世界に巻き込まれ、誘拐され、殺人の罪を着せられ、追跡され、そしてかの有名なシーンで、たっぷり農薬を浴びせられる。さらにラシュモア山に刻まれた大統領の顔に、命がけでしがみつく羽目にも。数あるハリウッド作品でもすこぶる面白いスリラーが、最新の復元技術で蘇る。生まれ変わった映像の持つ生命力に、観る者は追跡劇そのものと同様に、息を呑むに違いない。

    • レンタル ¥400
    • 購入する ¥1,500

予告編

予告編

評価とレビュー

4.1/5
23件の評価
23件の評価

11+ COMMON SENSE

Witty Hitchcock thriller piles on suspense and innuendo.

視聴者はこんな商品も購入しています

スリラーの映画