看護師として病院に勤務する美香(石橋静河)は女子寮で一人暮らし。日々患者の死に囲まれる仕事と折り合いをつけながら、夜、街を自転車で駆け抜け向かうのはガールズバーのアルバイト。作り笑いとため息。美香の孤独と虚しさは簡単に埋まるものではない。建設現場で日雇いとして働く慎二(池松壮亮)は古いアパートで一人暮らし。左目がほとんど見えない。年上の同僚・智之(松田龍平)や中年の岩下(田中哲司)、出稼ぎフィリピン人のアンドレス(ポール・マグサリン)と、何となくいつも一緒にいるが、漠然とした不安が慎二の胸から消えることはない。ある日、慎二は智之たちと入ったガールズバーで、美香と出会った。美香から電話番号を聞き出そう とする智之。無意味な言葉を喋り続ける慎二。作り笑いの美香。 店を出た美香は、深夜の渋谷の雑踏の中で、歩いて帰る慎二を見つける。「東京には1,000万人も人がいるのに、どうでもいい奇跡だね」。路地裏のビルの隙間から見える青白い月。「嫌な予感がするよ」。「わかる」。二人の顔を照らす青く暗い光。都会で生きづらさを抱えつつも、懸命に生きるすべを模索する二人。不器用でぶっきらぼうな二人は、近づいては離れていく・・・

    • レンタル ¥500
    • 購入する ¥2,500

予告編

予告編

情報

スタジオ
PONY CANYON
ジャンル
日本映画
リリース
著作権
© 2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

言語

オリジナル
日本語 (ステレオ、Dolby)

視聴者はこんな商品も購入しています

日本映画の映画