娘を亡くし悲しみを拭いきれない精神分析医のピーター。普段の生活を取り戻そうと、患者たちとの面談を徐々に再開し始めた。ある日エリザベス・ヴァレンタインという患者ではない少女がやってきて1枚のメモを残していく。そのメモを調べていくと、自分の患者たちが全員1987年の7月12日にピーターの故郷で起きた列車事故で亡くなっていたという事実を発見する。亡霊たちに導かれ、ピーターは20年間封印されてきた秘密を解き明かしに故郷へと向かう。そこで、10代のときピーターは乗客47名が死んだ列車の脱線事故に関与していたことを思い出す。自分の記憶が塗り替えられていたことに愕然とするピーター。さらに、亡霊たちはあの夜の記憶の深淵をピーターに覗かせ、彼は徐々に記憶を取り戻していく。少女が伝えたかった事とは?彼が封印してしまった、忘れなければならなかった記憶とは?

    • レンタル ¥407
    • 購入する ¥2,546

予告編

予告編

視聴者はこんな商品も購入しています

ホラーの映画