天然の旅情の赴くまま、旅を愛し、酒を愛し、女を愛して、無頼奔放にしかも豪胆に転々流浪する男の浪漫。生の実証を求めて戦後を生きた作家、檀一雄。昭和30年から20年間にわたって、自らの豪放な浪漫的生涯を心魂込めて書き上げ、遺作となったのが、この『火宅の人』。また、深作欣二監督が、10年来の念願であった映画化でもある。

    • レンタル ¥400
    • 購入する ¥2,500

予告編

予告編

この映画のアーティスト

視聴者はこんな商品も購入しています

ドラマの映画